月に光を

新作グランド・ランゲ1・ムーンフェイズでは、122.6年に1日分の誤差という高精度ムーンフェイズ表示がメインダイヤル上で一段と強く精彩を放ちます。ムーンディスクを特許技術でコーティングしたことにより、天文学の英知が凝集された複雑機構が、まるで本物の天体のような趣を醸し出しています。

魅惑的な天体、月。潮の干満を引き起こし、地球の気候を安定させ、幾多の生物や植物の生命のリズムに影響を及ぼすこの天体は、有史以来、天文学者の関心を集めています。

時計愛好家にとっても大切な要素であるムーンフェイズ表示。ドイツ・ザクセン州で時計を作り続けるA.ランゲ&ゾーネは、1994年以降、12種類のムーンフェイズ表示搭載モデルを発表してきました。とは言うものの、今回発表するグランド・ランゲ1・ムーンフェイズほどムーンフェイズ表示が際立つモデルはありません。月齢表示ディスクに、メインダイヤルという大舞台が与えられたのです。ムーンフェイズ表示が実際の月相の変化を驚くほど忠実に再現する様子を、はっきりと読み取るのにこれ以上の表舞台はないでしょう。ムーンフェイズ機構が筒車の連続運動と連動しているため、月そのものと同期するように動き続け、月相を正確に表示します。月相の変化は、肉眼では見ることができないほど小刻みに進んでいます。

さらに、99.9978パーセントという驚異的な高精度で新月から次の新月までの期間(朔望月)の月相を表示します。新月から次の新月までの平均的な周期は、29日12時間44分3秒です。そのため、ほとんどの普通のムーンフェイズ表示機構はこの値を29.5日に切り捨てて作られています。したがって1周期ごとに44分3秒の誤差が生じ、その誤差の累計は2年半後には24時間にもなります。グランド・ランゲ1・ムーンフェイズではこの朔望月ごとの誤差は1分以内です。それは、この新作の7段変速機構がはるかに緻密な計算に基づいて作られているからです。ムーンフェイズを一旦正確に合わせて連続して作動させれば、1日分の誤差を修正する必要が生じるのは122.6年後のことです。ただし、これほどの長い時間、修正せずに待つ必要はありません。ケースの7時位置と8時位置の中間にある修正プッシャーを使って、例えば長期間時計を巻き上げなかった時など、いつでもムーンフェイズ表示を調整できます。

ムーンディスクのゴールド無垢のコーティングにかけられた無数のこだわりにも、A.ランゲ&ゾーネの開発者たちの完璧主義と情熱が宿っています。夜の星空のイメージを可能な限り印象的に再現しようとしたのです。熱心な研究開発の成果として特許を取得したこのコーティング法は、比類のないほど鮮やかな発色とくっきりと浮き上がる一つひとつのディテールで、究極の美を希求する心を満足させてくれます。反射する光がオーバーラップする相互干渉効果で自然光のブルー以外の色素はすべて消されてしまうため、見る人の目には限りなく深いブルーに映るのです。輪郭をレーザー光でくっきりと刻み込んだ大小とりどりの300個以上もの星の群れは、まるで小銀河のような輝きを放っています。

そのほかにもオフセンターに配置したダイヤル、アウトサイズデイト、円熟した製作技法で仕上げられる自社製キャリバーといった、A.ランゲ&ゾーネの象徴的要素を備えているグランド・ランゲ1・ムーンフェイズ。パワーリザーブは72時間と充分ですが、効率的なシングルバレル設計で、ムーブメント高さをわずか4.7ミリに抑えました。ピンクゴールド、イエローゴールドまたはプラチナ製のケースは、直径41.0ミリの堂々とした風貌です。伝統的なチラネジテンプ、自社製ヒゲゼンマイ、素材の表面をそのまま生かした洋銀製の4分の3プレート、職人が手で丹念に装飾を施した部品の数々で組み上げる自社製キャリバーL095.3。A.ランゲ&ゾーネ独自の高精度の技術とデザインの伝統性がここにも盛り込まれています。

表示スペースが小さすぎます。

弊社のコレクションの全容をご覧頂くには、ブラウザのウィンドウサイズを広げてください。 これ以上大きくならない場合には、モバイル版をご利用いただくこともできます。

モバイル版へ

Choose your language