A.ランゲ&ゾーネの時計が病気の子供たちを支援

シンガポールで、病気に苦しむ子供たちを支援する慈善団体TheKidzHorizonAppealのために毎年行われる時計オークションで、今年出品されたグレーのダイヤルを使った1本限定のランゲ・ツァイトヴェルクホワイトゴールド特別モデルに138,000シンガポールドル(約80,000ユーロ)の値段がつきました。オークションが行われたのは、2011年8月27日に開催された慈善ダンスパーティの会場です。ランゲ・ツァイトヴェルクの通常モデル販売価格を超える収益が、TheKidzHorizonAppealの医療支援プロジェクトに寄付されます。

このランゲ・ツァイトヴェルク特別モデルは、中国系アメリカ人実業家で慈善家だった故ダンカン・ウォン氏を偲んで製作されました。2年前44歳の若さでなくなった氏は、TheKidzHorizonAppealの発起人で、A.ランゲ&ゾーネの大ファンだったのです。

2004年にシンガポールで設立されたこの団体は、癌やエイズなどの慢性疾患に苦しむ子供たちの治療にかかる多額の費用を負担する経済力がない家庭を支援するために募金を集めています。募金活動最大のハイライトとなっているのが、シンガポールのリッツカールトンホテルで毎年開催されるチャリティーダンスパーティで、その会場では希少価値の高い時計をひとつ選んでオークションを行うのが恒例となっています。

A.ランゲ&ゾーネとして初めてアジアでのチャリティーのために製作された時計であるこのモデルは、明暗のコントラストを前面に押し出したデザインで、ホワイトゴールドのケースにグレーのダイヤル、ブラックのクロコダイルベルト、そして同じくホワイトゴールド無垢を使ったフォールディングバックルを組み合わせた仕様となっています。ケースバックに彫り込まれたエングレービングが、この時計が特別な趣旨のために製作された真の一点ものであることを物語ります。

表示スペースが小さすぎます。

弊社のコレクションの全容をご覧頂くには、ブラウザのウィンドウサイズを広げてください。 これ以上大きくならない場合には、モバイル版をご利用いただくこともできます。

モバイル版へ

Choose your language