ユニークピースとレアピース

A.ランゲ&ゾーネは1994年に第一号コレクションを発表してからの20年間、丁寧な手仕事による少量生産体制を維持し、高度な複雑機構を搭載するゴールド製およびプラチナ製時計の製作にも取り組んできました。その中で、秀でた職人技による美麗な装飾をまとうユニークピース(一点物)やレアピース(限定・希少品)も少なからず製作されています。

このようなユニークピースやレアピースに代表される、A.ランゲ&ゾーネの希少な腕時計を探し出すユニークなプロジェクトが、日本の東京で発足しました。発起人は、A.ランゲ&ゾーネに詳しいコレクターとして、a-lsのペンネームで日本では大きな影響力を持つブロガーであり、且つ日本のランゲ愛好家で組織するランゲ・オーナーズ・クラブの主宰者です。同氏は、日本のみならず世界中で愛用・愛蔵されているランゲの限定時計やユニークピースを発掘し、一冊の本にまとめて出版したいと考えています。A.ランゲ&ゾーネは、その情熱にあふれたプロジェクトに共感し、後援することを決定しました。そのプロジェクトがいよいよ、クロノス日本版のオフィシャルサイト "webChronos"(ウェブクロノス)の協力を得て、2014年3月19日(水)に正式に始動しました。

調査の第一段階では、全世界に点在している希少モデルの情報を収集します。インターネットサイト"webchronos.net"に、A.ランゲ&ゾーネのユニークピースまたはレアピースを登録するための専用投稿サイトを設け、該当する時計の所有者に登録を呼びかけます。プロジェクトの趣意に賛同する所有者は、所有する時計の仕様と入手にいたった裏話などの入力および写真のアップロードができます。これらの登録手続きが、厳格なプライバシー保護およびセキュリティー規則に準拠して行われることは言うまでもありません。

実際の編集作業を始める前に、A.ランゲ&ゾーネで登録されたデータを検証します。ユニークピースとは、所有者のために特別なエングレービングを施したり、特殊なダイヤルを取り付けたり、あるいは宝石をセッティングしたもの、またはシリーズモデルとは異なるケース素材で製作された時計で、世界に一本しか存在しないものを言います。特殊な要素を持ち、2~10本の限定製作モデルはレアピースとなります。さらに、製作数10本以上の限定モデルからも数モデルを厳選して掲載する予定です。

投稿サイトのURLは、http://www.webchronos.net/lange_photographs/で、2014年3月19日(水)の日本時間正午にスタートしました。

この本が、A.ランゲ&ゾーネのコレクターにとってそこに収録されている時計に劣らぬ魅力と価値を持つカタログとなることは間違いありません。本の出版は2015年の後半を予定しています。この年は、ザクセン高級時計産業の創始者アドルフ・ランゲの生誕200年に当たる年で、それを記念するのにまさにふさわしい企画と言えましょう。

表示スペースが小さすぎます。

弊社のコレクションの全容をご覧頂くには、ブラウザのウィンドウサイズを広げてください。 これ以上大きくならない場合には、モバイル版をご利用いただくこともできます。

モバイル版へ

Choose your language