Slider image - 1

グランド・コンプリケーション

A.ランゲ&ゾーネ史上最も複雑な腕時計

A.ランゲ&ゾーネは2013年、1902年製の懐中時計グランド・コンプリケーションNo.42500にインスピレーションを得て開発したブランド史上最も複雑な腕時計を発表しました。それがグランド・コンプリケーションです。グランドソヌリとプチソヌリ、ミニッツリピーター、永久カレンダー、フドロワイヤント付きラトラパント・クロノグラフ機能が1個のムーブメントに収められています。ムーブメントの組立てと機構の微調整は複雑を極めるため、製作できるのは1年に1本、合計6本に限定されています。

ピンクゴールド仕様のグランド・コンプリケーションには、グランドソヌリ、永久カレンダーおよびフドロワイヤント付きクロノグラフ・ラトラパント機能が搭載されています。 グランド・コンプリケーション ピンクゴールドモデルは、A.ランゲ&ゾーネのコレクションの中で最も複雑な腕時計です。
グランド・コンプリケーションのピンクゴールド製ケースのサイズは、直径50.0ミリ、高さ20.3ミリです。

ブルースチールの短針と、ダイヤル中央から伸びる細い2本の秒針は、この時計にラトラパント・クロノグラフ機能が備わっていることを表します。フドロワイヤントには大きな動力が必要なため、専用の香箱が装備されています。カレンダー表示では、短いゴールドの針が日付、曜日、月およびうるう年を指し示します。グランドソヌリとプチソヌリは、15分が経過するごとに音で時刻を知らせます。8時の位置にあるスライダーを動かすと、ミニッツリピーターが起動します。24時間にわたってゴングを鳴らし続けるのに十分なパワーを確保するため、ハンマー打ち機構専用の香箱を備えています。

グランド・コンプリケーション — A.ランゲ&ゾーネ

キャリバー L1902

Number of movement parts

876

石数

67

Number of screwed gold chatons

7

完全巻上げ時のパワーリザーブ

30 時間

Oscillation system

テンプ振動数:毎時18000回

チラネジテンプで振り角を調整

ムーブメント寸法

直径:40.5 mm、高さ:14.2 mm

キャリバー キャリバー