Slider image - 1

ツァイトヴェルク・ミニッツリピーター

研ぎ澄まされた時の音

ツァイトヴェルク・ミニッツリピーターは、瞬転数字式時刻表示と十進式ミニッツリピーターを初めて同時搭載した機械式腕時計です。このモデルからは、時刻表示窓に見える数字と同じ数のチャイムが鳴り響きます。10時位置にあるリピーター用ボタンを押すと左ハンマーが時を、右ハンマーが分を打ち鳴らします。正10分の重複音は、両ハンマーが少し時間差を付けてゴングを叩いて響かせます。

プラチナ仕様のツァイトヴェルク・ミニッツリピーターの打鐘数は、ダイヤル上で読み取る数字と同じです。 プラチナ仕様のツァイトヴェルク・ミニッツリピーターは、正時を低音、正10分を重複音、正分を高音で打ち鳴らして時刻を知らせます。
プラチナ仕様のツァイトヴェルク・ミニッツリピーターは、正時を低音、正10分を重複音、正分を高音で打ち鳴らす十進式ミニッツリピーターを搭載しています。

2本のハンマーはブラックポリッシュ仕上げのスチール製です。スモールセコンドを左右から挟むように配置されているため、ハンマーがゴングを叩くところを見ることができます。ツァイトヴェルク・ストライキングタイムおよびツァイトヴェルク・デシマルストライク・ハニーゴールドとは異なり、このモデルではゴングをブラックロディウム仕上げの洋銀で作ったタイムブリッジに沿うように配置しています。ハンマーがここで内向きになっているのは、そのためです。ゴングを調音するには、聴覚を訓練することが必要です。その鍛えられた耳で、2本のゴングをムーブメントに組み込んだ状態で、澄んだ余韻が長く続く音がでるまで根気強く調音します。

A.ランゲ&ゾーネ商品開発ディレクター アントニー・デ・ハス、ツァイトヴェルク・ミニッツリピーターを語る

Discover the model

1 モデル — ツァイトヴェルク・ミニッツリピーター

キャリバー L043.5

Number of movement parts

771

石数

93

Number of screwed gold chatons

3

完全巻上げ時のパワーリザーブ

36 時間

Oscillation system

テンプ振動数:毎時18000回

偏心錘付きテンプで振り角を調整

ムーブメント寸法

直径:37.7 mm、高さ:10.9 mm

キャリバー キャリバー