Slider image - 1
Slider image - 2
Slider image - 3
Slider image - 4

グランド・ランゲ1

真の大物

2012年に発表されたグランド・ランゲ1を開発するにあたっての目標は、ランゲ1のデザインと均整のとれたプロポーションを、直径を2.5ミリ増やしたモデルで再現することでした。その実現のために設計技師たちが選んだ方法は、実に手の込んだものでした。まず、各表示の配置が最善の形となるようにダイヤルをデザインしてから、それに合わせてムーブメントを開発し、ダイヤルの構成に完璧に対応するメカニズムを設計したのです。

グランド・ランゲ1に漂う気品は、その調和のとれたダイヤルデザインから生じるものです。
グランド・ランゲ1は、これまでのランゲ・ウォッチの中でも最大のアウトサイズデイトを搭載しています。

グランド・ランゲ1のエレガントな姿を生む要素には、均整のとれたダイヤルのデザインのほかにも、その薄型設計があります。直径が41.0ミリのケースは、高さが8.8ミリ。実にバランスの良い直径と高さの関係になっているのです。手巻き式キャリバーL095.1の最高度の精度を約束するため、自主開発・自社生産のヒゲゼンマイを使用しています。

キャリバー L095.1

Number of movement parts

397

石数

42

Number of screwed gold chatons

7

完全巻上げ時のパワーリザーブ

72 時間

Oscillation system

テンプ振動数:毎時21600回

チラネジテンプで振り角を調整

ムーブメント寸法

直径:34.1 mm、高さ:4.7 mm

キャリバー キャリバー