Slider image - 1
Slider image - 2
Slider image - 3

ランゲ1

復活の象徴

ランゲ1は、ドイツ・ザクセン州で時計を作り続ける当マニュファクチュールを代表するモデルです。過去数十年を振り返っても、これほどたくさんの賞に輝いた時計は他にありません。1994年、A.ランゲ&ゾーネの復興コレクション第一弾として発表された4モデルのうち最も注目を集めたのが、このランゲ1でした。そして、それ以来、勇気ある再出発と時計作りの伝統の象徴となっています。

ランゲ1 イエローゴールドモデル正面
ランゲ1の特徴は、ランゲ独自のアウトサイズデイトを配した非凡なダイヤルデザインです。

この時計がマニュファクチュールにとって特別な存在となったのは、ザクセン時計技法の伝統要素と非凡なダイヤルデザイン、そしてランゲ独特のアウトサイズデイトのような便利な革新技術が融合しているからに他なりません。ランゲ1のデザインには、明快なコンセプトがあります。各表示機能をオフセンターに配置し、二等辺三角形を形成したのです。ゴールドの枠に縁取られた日付表示の寸法は、同じようなサイズの腕時計と比べてほぼ3倍にも及びます。

伝説として語り継がれる代表作 — ランゲ1

The short film shows the details that make a LANGE 1 so unique: the solid gold crown, the large date and the way it changes, the beating screwed balance, the AUF/AB (UP/DOWN) power-reserve indication and the perfectly finished movement. It also shows how to operate the watch properly.

キャリバー L121.1

ムーブメント部品数

368

石数

43

ビス留め式ゴールドシャトン数

8

完全巻上げ時のパワーリザーブ

72 時間

調速機

テンプ振動数:毎時21600回

チラネジテンプで振り角を調整

ムーブメント寸法

直径:30.6 mm、高さ:5.7 mm

キャリバー キャリバー