Slider image - 1
Slider image - 2

リヒャルト・ランゲ

腕に装着するデッキウォッチ

最高水準の精度と理想的な視認性という点において、リヒャルト・ランゲは、A.ランゲ&ゾーネがかつて製作した科学観測用デッキウォッチの伝統を受け継ぐモデルです。シルバー無垢のダイヤルには、リヒャルト・ランゲの時代にデッキウォッチに使われていたのと同じスマートな印象のローマ数字が使用されています。1868年に工房の経営を受け継いだリヒャルト・ランゲは、その知識と発明で精密時計技法を発展させました。

リヒャルト・ランゲ ホワイトゴールドモデルではシルバーカラーのダイヤルにブルースチール針を組み合わせ、時刻を6分の1秒単位で読み取ることができます。
リヒャルト・ランゲ ピンクゴールドモデルではダイヤルの表示要素を時、分、秒に絞り込みました。ピンクゴールド製針とブルースチール針が付いています。

この時計の精度の基盤をなしているのは、1時間に21,600回振動する自主開発・自社製のヒゲゼンマイです。ブルースチールのセンターセコンド針が、ダイヤルと鮮やかなコントラストをなしています。リューズを引き出すと、その針が即座に停止します。そのおかげで時計の時刻を秒単位で正確に合わせることができます。センターセコンド用の輪列は、4分の3プレートと独立した受けとの間に取り付けられており、サファイアクリスタルのシースルーバックを通して見ることができます。

リヒャルト・ランゲ — A.ランゲ&ゾーネ

The short film shows the RICHARD LANGE and its precision-enhancing features: the slim blued central seconds hand, the clear dial with slim Roman numerals, the mechanism for the indirect centre-seconds drive and the vibrating off-set balance with the Lange balance-spring. Lastly, we see the correct operation of the watch demonstrated.

キャリバー L041.2

ムーブメント部品数

199

石数

26

ビス留め式ゴールドシャトン数

2

完全巻上げ時のパワーリザーブ

38 時間

調速機

テンプ振動数:毎時21600回

チラネジテンプで振り角を調整

ムーブメント寸法

直径:30.6 mm、高さ:6 mm

キャリバー キャリバー