一覧へ戻る

ツァイトヴェルク・デイト 完璧な機構をデジタル化

ツァイトヴェルク・デイトは、A.ランゲ&ゾーネ初のデジタル時刻表示を搭載した機械式腕時計に日付表示を統合した時計です。ムーブメントに大きな数字ディスクを取り付け、タイムブリッジを配した独特のダイヤルデザインを維持しながら、普通の日付はもとよりアウトサイズデイトを搭載することはできません。そのため、A.ランゲ&ゾーネの設計技師たちは、このモデル独自のソリューションを考案しました。ダイヤル外周に1~31の数字をプリントしたガラスリングを取り付けたのです。そのガラスリングの下に取り付けられているリングの小さな赤色のセグメントが、毎日深夜12時に1日分先に進む仕組みです。その日の日付が赤色で表示されるため、時計を見た瞬間に直観的に日付が分かります。日付表示を修正するには、8時位置にあるボタンを押します。ボタンから手を離した瞬間に赤色部分が先へ進みます。

日付表示機能を搭載し、グレーダイヤルを収めたツァイトヴェルク・デイト

A.ランゲ&ゾーネは2009年、時刻をデジタル形式で表示するという独創的なコンセプトを機械式高級腕時計として具体化したツァイトヴェルクを発表し、幾多の賞を受賞しました。それから10年を経て発表されたツァイトヴェルク・デイトは、そのダイヤルデザインと瞬転式数字によるデジタル時刻表示で、ツァイトヴェルク ファミリーの一員であることを如実に物語ります。ツァイトヴェルク・デイトでは、時分表示の数字ディスクを瞬時に回転させるユニークな仕組みを実現するムーブメントを、今回新たに設計し直しました。

L043.8はデジタル表示のために

 

ツァイトヴェルク・デイトに採用された新技術のために、4時位置にボタンが追加されました。このボタンには、日付表示が加わったことによって必要になった操作、つまり時表示だけを先に進める役割が割り当てられています。この日付表示が機能するには、24時制で時刻を正確に合わせることが必要です。そのため、時刻を従来どおりリューズで1分ずつ調整するのでは時間がかかりすぎるのです。時調整ボタンを組み込むには、設計に大掛かりな変更が必要でした。ムーブメントの切替えプロセスと切り離して時表示を調整できるようにするために、ボタンを押すたびにクラッチが時リングを瞬転数字メカニズムから切り離します。そして、ボタンから手を離した時に、時リングを回転させる力が発生します。

 

新たに開発された手巻きキャリバーL043.8の特徴は、整然としたムーブメントの構造です。動力制御メカニズムはこのモデルでも二つの役割を担います。まず、定力装置としてパワーリザーブが持続する間、一定の動力でテンプを振動させます。さらに、数字ディスク3枚で構成される瞬転数字式時刻表示を1分ごとに進めるための動力を制御します。

ツァイトヴェルク・デイトの角穴車と動力制御メカニズム受けを持つムーブメント

ツァイトヴェルク・デイトの516個の部品からなるムーブメントに施された仕上げ装飾の工芸美は、ランゲならではの品質の証しです。サファイアクリスタルのシースルーバックから、エングレービング入り角穴車や繊細な動力制御メカニズム受けにその美しさを見ることができます。

新作に関するお問い合わせにお答えします。

 

A.ランゲ&ゾーネの世界

決して立ち止まらない

新作やイベントに関する最新情報だけでなく、腕時計という小さな空間に凝集された職人技の魅力をお伝えします。

ニュースレターの配信を申し込む