Slider image - 1

ツァイトヴェルク・ハニーゴールド “ルーメン”

創造性が紡ぎ出す時間

ツァイトヴェルク・ハニーゴールド“ルーメン”は比類の無い時計技法による作品で、三つの非凡な特色が凝集しています。一つ目は、ツァイトヴェルク独自の3枚の数字ディスクからなる瞬転数字式時刻表示です。読み取りやすい大きな数字は、通常のデジタル時計に見られるように左から右に配置されています。二つ目は、暗がりでも時刻をはっきりと読み取ることのできる夜光数字です。そしてこの200本限定モデルの三つ目の特色は、A.ランゲ&ゾーネが専用使用権を有し、温かい光沢を特徴とする合金ハニーゴールド製の直径41.9ミリのケースです。

ALS_142_055_Zeitwerk_HG_Lumen_Beauty6 ALS_142_055_Zeitwerk_HG_Lumen_Beauty9 ALS_142_055_Zeitwerk_HG_Lumen_Beauty10 ALS_142_055_Zeitwerk_HG_Lumen_Beauty11 ALS_142_055_Zeitwerk_HG_Lumen_Beauty12

ツァイトヴェルク・ハニーゴールド “ルーメン”の新しい自社製キャリバーL043.9には、かすかに音を立てて分表示を進め、正時には3枚の数字ディスクを一斉に回転させるという独創的な機構が組み込まれています。ディスクを回転させるために必要な動力を供給するのは、2個の香箱です。時刻が進む時には、特許技術の動力制御メカニズムがディスクを正確に回転させます。このメカニズムはそれだけでなく、パワーリザーブ持続期間を通じてテンプに常に一定の動力を供給する役割も果たしています。このムーブメントは、前身モデルの2倍に相当する72時間のパワーリザーブリザーブを蓄えます。4時位置のボタンは、時表示を単独で進めるために新しく取り付けられたものです。これで、より容易に時刻合わせができるようになりました。

ツァイトヴェルク・ハニーゴールド“ルーメン”は、暗がりで発光する瞬転数字式時刻表示とA.ランゲ&ゾーネが専用使用権を有するハニーゴールド製のケースを特徴とする比類のない時計です。

A.ランゲ&ゾーネ商品開発ディレクターのアントニー・デ・ハスが、新作ツァイトヴェルク・ハニーゴールド“ルーメン”のプレゼンテーションを行います。

Discover the model

1 モデル — ツァイトヴェルク・ハニーゴールド “ルーメン”

キャリバー L043.9

Number of movement parts

462

石数

61

Number of screwed gold chatons

2

完全巻上げ時のパワーリザーブ

72 時間

Oscillation system

テンプ振動数:毎時18000回

偏心錘付きテンプで振り角を調整

ムーブメント寸法

直径:33.6 mm、高さ:9.2 mm

キャリバー キャリバー
キャリバー キャリバー