一覧へ戻る

“F. A.ランゲへのオマージュ” アニバーサリーエディション 決して立ち止まることのない伝統

Years series honeygold

A.ランゲ&ゾーネは、フェルディナント・アドルフ・ランゲがドイツ・ザクセンの山間の町グラスヒュッテに初めて時計工房を設立してから175年目を祝し、3モデルからなる “F. A.ランゲへのオマージュ” アニバーサリーエディションを製作します。これらの時計は、極めてまれな仕様のダイヤルと丹念な仕上げ装飾を施したムーブメントを、ランゲが専用使用権を有する素材ハニーゴールド製ケースに収めた限定モデルです。

伝統と革新

フェルディナント・アドルフ・ランゲがドイツのザクセン地方に懐中時計工房を設立し、高級時計産業の礎を築いたのは1845年12月7日のことでした。F. A.ランゲは、科学的な知識と工芸美術を新しい製法と組み合わせつつ、「世界最高の時計を作る」という目標を追求し続けました。15人の見習工と始めた小さな時計工房は、ドイツ国外にも名を馳せるマニュファクチュールへと成長します。画期的な構造と仕上げ法を導入したF. A.ランゲは、自分の工房だけでなくドイツ時計産業の持続的な発展にも貢献しています。A.ランゲ&ゾーネはブランド設立175周年を祝し、“F. A.ランゲへのオマージュ”をモデル名に冠する三つの特別モデル、1815フラッハ・ハニーゴールド、1815ラトラパント・ハニーゴールド、そしてトゥールボグラフ・パーペチュアル・ハニーゴールドを製作数限定で展開します。

Rattrapante Honeygold
A. Lange & Söhne

ご来店をお待ちしています。

A. ランゲ&ゾーネ・ブティックまたは直営店に、ご希望のご来店日時をお知らせください

F. A.ランゲへのオマージュ

これら特別モデルは、F. A.ランゲの誕生年にちなんで名付けられた1815 ファミリーのメンバーであり、特にA.ランゲ&ゾーネの伝統技法を今に伝える時計です。ムーブメントに丹念な仕上げ装飾を施し、ランゲが専用使用権を有する素材ハニーゴールドで製作したケースにまれに見るダイヤルを収め、高級時計産業の発展に先駆的役割を果たしたF. A.ランゲを讃えるにふさわしい時計に仕上がっています。この特別エディションでは、斬新な視点で往年の懐中時計に使用された伝統要素を取り入れることにより、ランゲ時計技法の原点が現代の時計に投影されています。現代にふさわしい技法とデザインで製作されたこの3本には、高級時計作りを発展させ続けるという決意が投影されているのです。

Rattrapante-honeygold-425.050

決して立ち止まらない

A.ランゲ&ゾーネの時計師たちは、今もなお伝統に触発され、斬新な発想と秀でた工芸技能によって高級時計産業をさらに発展させるべく精進しています。そして、「決して立ち止まらない」という理念を具現化するのが、この新しいアニバーサリーエディションです。三つのモデルに共通するエレメントは、革新的なケース素材ハニーゴールドです。この素材には、時計製作に冶金学の知識を応用するというランゲ工房の科学的側面が垣間見えます。そしてこのアニバーサリーエディション3モデルのムーブメントにはいずれも、表面に粒状感を持たせた洋銀製プレート、エングレービングにブラックロディウム仕上げを施した受け部品とプレートが組み込まれています。

1815フラッハ・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”

この製作数175本限定の二針時計が纏う高さわずか6.3ミリのケースは、ハニーゴールド製です。このまれに見るケースに、艶やかなホワイトエナメルで仕上げたツーパーツ構成のダイヤルが映えます。明るい地色に、ダークブラウンでプリントされたアラビア数字とおなじみの線路をイメージしたレイルウェイモチーフの分目盛りが、くっきりと浮かび上がります。

 

167個の部品を手作業で仕上げて組み立てた自社製キャリバーL093.1は、フェルディナント・アドルフ・ランゲが実践した技法へのオマージュです。洋銀製の4分の3プレートの表面は、A.ランゲ&ゾーネの定番モデルに通常用いられるグラスヒュッテストライプとは異なり、粒状感のある仕上げになっています。この表面仕上げは、往年のランゲ製懐中時計によく見られる技法です。手焼きによって青く染められた3個のビスで固定されたゴールドシャトンは、動力が香箱から調速機へ伝わってゆく道筋を示します。目には見えない品質の証しの一つは、ムーブメントの手作業による二度組みです。それによって、機械的にも見た目にも完璧に仕上げることができるのです。

1815 thin honeygold

1815ラトラパント・ハニーゴールド“F. A.ランゲへのオマージュ”

アニバーサリーエディションのために開発された1815ラトラパント・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”は製作数100本限定で、A.ランゲ&ゾーネ・ブティックでのみ取り扱っています。ラップタイムも計測できるこの時計は、A.ランゲ&ゾーネのラトラパント・クロノグラフとしては6作目であり、その主役はモデル名にもなっている複雑機構です。


直径41.2ミリのケースは、ハニーゴールド製です。このA.ランゲ&ゾーネが専用使用権を有する素材は、特に高い硬度と温かみのある光沢を特徴としています。この特別モデルで初めてハニーゴールドをシルバー無垢製のブラックダイヤルと組み合わせ、都会的で鋭敏な印象を醸し出しています。


複雑なラトラパント・クロノグラフ機構は、新たに開発された手巻きキャリバーL101.2のムーブメント側に取り付けられています。タイムおよびラップタイム計測を制御するために、2個のコラムホイールを用いる伝統的かつ高精度な方式を採用しました。サファイアクリスタルのシースルーバックから、その精緻な切替えプロセスをつぶさに見ることができます。

1815 Rattrapante Honeygold

トゥールボグラフ・パーペチュアル・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”

私たちの高級時計製作技法を発展させ続けようとする意欲が最も色濃く反映されている時計は、このトゥールボグラフ・パーペチュアル・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”であると言っても過言ではないでしょう。この時計はアニバーサリーエディションのうち最も複雑なモデルだけに、製作数もわずか50本に限定されています。


搭載されている五つの複雑機構のうちトゥールビヨンとチェーンフュジー機構は、歩度の安定性を高めるためだけに取り付けられています。それ以外の三つの複雑機構、すなわちクロノグラフ、ラトラパントおよび永久カレンダーをスムーズに連係させるのは至難の業です。これらの機構が自社製キャリバーL133.1上で完璧に連係する様を、サファイアクリスタルのシースルーバックから見ることができます。


A.ランゲ&ゾーネはこのモデルで、まったく新しいダイヤルデザインに挑みました。ハニーゴールドにブラックロディウム加工を施し、数字と目盛りをレリーフ彫りにして表面から立体的に浮かび上がらせています。このダイヤルは、ランゲ工房のアトリエで製作されます。

1815 Tourbograph Perpetual

アニバーサリーエディションの詳細を見る

最新情報をお届けします!

新作やイベントに関する最新情報だけでなく、腕時計という小さな空間に凝集された職人技の魅力をお伝えします。

ニュースレターの配信を申し込む