現在ご覧のウェブサイトは日本版です。
お住まいの地域に関連する情報にアクセスするには、バージョンをお勧めします:

アウトサイズデイト

A.ランゲ&ゾーネのアウトサイズデイトは、他の同じサイズの時計と比べて約3倍もの大きさで日付を表示します。

わずかなスペースに大きく表示

A.ランゲ&ゾーネは、これほど大きなサイズの日付表示を初めて腕時計に組み込むことに成功し、アウトサイズデイトと名付けました。日付を表示するゴールドの枠に縁取られた窓が、同じようなサイズの腕時計と比べてほぼ3倍の大きさになっています。この革新的な表示で視認性が大きく向上するとともに、操作も簡単になりました。日付を設定するのに通常のようにリューズを使用しないからです。そのかわりに、ボタンを押すことにより日付を1日ずつ先に進めることができるようになっています。

アウトサイズデイトの仕組み

アウトサイズデイトには、一の位表示用ディスクと十の位表示用十字プレートがあります。独立して回転するこの二つの表示板は、上下の間隔がわずか0.15ミリしかなく、組み立て時には極めて繊細な指先の勘を必要とします。ひと月の日付を正しく表示するためには、二つの表示板が不規則な動きをしなくてはなりません。リング状の一の位表示用ディスクは、1日に1回進みます。ただし、ある月の31日から1日に変わる時は、ディスクは回転しません。十の位表示用十字プレートは、10日に一度進みます。ただし、“3”の表示が必要になるのは30日と31日だけしかありませんので、この時だけは2日で先に進むことになります。この不規則な進み方を可能にするため、一と十の位それぞれにプログラム車が1個ずつ取り付けられています。この歯車は、特殊な歯の配列になっており、それぞれの表示板数字が正しく切り替わるように制御します。


1 十字プレート

2 一の位表示用ディスク

3 地板

4 一の位表示用ディスクのプログラム車

5 十字プレートのプログラム車

十の位表示用十字プレートのプログラム車には4本の歯がついています。そのうちの2本の間隔が狭くなっていることで、“3”の表示は2日間で先に進み、十の位の窓は空欄になります。

日付が31日から翌月の1日に変わる時に“1”の数字が2日間続けて表示されるように、一の位表示用ディスクのプログラム車は歯が2つ欠けています。

複雑機構

アウトサイズデイト
アウトサイズデイト
A.ランゲ&ゾーネのアウトサイズデイトは、他の同じサイズの時計と比べて約3倍もの大きさで日付を表示します。
クロノグラフ
クロノグラフ
1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの自社製ムーブメント搭載クロノグラフは、ブランドの人気モデルの一つとして不動の地位を築いています。
カレンダー機能
カレンダー機能
A.ランゲ&ゾーネのカレンダー表示には、アニュアルカレンダーとパーペチュアルカレンダーがあります。
ムーンフェイズ表示
ムーンフェイズ表示
A.ランゲ&ゾーネのほとんどのムーンフェイズ表示は、月の周期を99.998パ
パワーリザーブ表示
パワーリザーブ表示
AUF/AB(アップ/ダウン)の表示が、時計の巻上げを思い出させてくれます。
トゥールビヨン
トゥールビヨン
トゥールビヨンは、地球の重力が歩度に与える影響を補正し、機械式時計の精度を高める機構であり、高級機械式時計の世界でも最も巧妙かつ魅力的な機構の一つに数えられています。
ゼロリセット機構
ゼロリセット機構
ゼロリセット機構により、リューズを引き出すとテンプが停止し、秒針が瞬時に帰零します。
チェーンフュジーによる動力伝達
チェーンフュジーによる動力伝達
チェーンフュジーは、機械式時計の精度を向上させるための最も魅力的かつ効果的な複雑機構のひとつです。
動力制御メカニズム
動力制御メカニズム
機械式時計の動力制御メカニズムは、ゼンマイが完全に巻き上げられた状態でも、ほとんど解けてしまった状態でも、脱進機をできる限り一定の力で作動させるという役割を担っています。
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機能
ミニッツリピーターやハンマー打ち機構を搭載する時計は、時を音で知らせます。複雑を極める機構のため、これらのモデルは精密時計製作の分野において最も精巧で希少な時計の一つです。

A.ランゲ&ゾーネの世界

ウォルター・ランゲ ― A.ランゲ&ゾーネの復活
ウォルター・ランゲ ― A.ランゲ&ゾーネの復活
1989年、ドイツはベルリンの壁の崩壊に沸きます。ウォルター・ランゲはすぐに、ランゲ工房発祥の地グラスヒュッテに会社を再建することを決意し、夢を実現させます。
ゼンパー歌劇場の五分時計とその180年の歴史
ゼンパー歌劇場の五分時計とその180年の歴史
世界中を見回してもどこにもないような「立派な時計」―1830年代末、時計師ヨハン・クリスチャン・フリードリッヒ・グートケスは、新築するドレスデン歌劇場のためにそのような時計を製作するように命じられました。
時を越えて
時を越えて
ランゲ1はメゾンの復活の象徴であるとともに、ユニークなデザイン方法の基礎となっています。アシンメトリーに配置されたオフセンターのダイヤルは、機械式時計の世界におけるマイルストーンとなりました。A.ランゲ&ゾーネのクラシックとなっただけではなく、時計界においてもクラシックモデルと評価されています。

精巧な時計作りの世界を特別にご紹介

ニュースレターに登録して、A.ランゲ&ゾーネの魅力的な伝統や独創的なストーリー、卓越したタイムピースをぜひご体験ください。

お手伝いが必要ですか?

お探しのモデルに関するお問い合わせや、修理のご依頼等、喜んでお手伝いいたします。お問い合わせは、お電話、Eメール、またはブティックにて承ります。

スイス・チューリッヒのA.ランゲ&ゾーネ サロン