現在ご覧のウェブサイトは日本版です。
お住まいの地域に関連する情報にアクセスするには、バージョンをお勧めします:

クロノグラフ

立ち止まることなく時を捉える

A.ランゲ&ゾーネのクロノグラフは、間違いなく世界中で垂涎の的とされています。その精度と複雑な機構だけでなく、ムーブメントに施された卓越した職人技「ハンドヴェルクスクンスト」が特に人々を虜にしています。サファイアクリスタルのシースルーバックからは、魅力的な構造と、いくつかのケースでは、700以上の精密に調和された部品の精巧な仕上げを眺めることができます。

時を記録する新しい方法

ダトグラフは、A.ランゲ&ゾーネの自社工場が復活した後、最初に開発・製作されたクロノグラフです。洗練された自社製キャリバーと整然としたダイヤルという唯一無二の組み合わせにより、今日でも短時間計測技術のベンチマークであり、製作の革新的な力を象徴しています。

トゥールビヨンやパーペチュアルカレンダーを備えたタイムピースと同様に、クロノグラフは精密時計製作における大きな挑戦のひとつです。A.ランゲ&ゾーネが再出発してからわずかな期間で、この独自の新しいコンセプトが発表されたことは先駆的な出来事であり、この時計専用のムーブメントを搭載したクロノグラフの構造における卓越性の新たな基準となりました。ダトグラフは、時計製作の限界を押し広げ、新たな道を探求する取り組みを体現する、自社工場で製作された多くの素晴らしいクロノグラフへの道を切り開きました。

特別な機能

高い基準を維持するために、時計の製作において妥協は許されません。よって、A.ランゲ&ゾーネは特別な方法でクロノグラフを作り出し、特別な機能を搭載しています。

昔ながらのコラムホイール方式の構造、プレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンター、フライバック機能などが挙げられます。この機構により、ボタンを1回押すだけで、実行中の計測を停止し、針をゼロにリセットして、すぐに新しい計測を開始することができます。この機能を備えていないクロノグラフでは、これらの手順を連続して実行する必要があります。

スプリットセコンドまたはラトラパント・クロノグラフは、もうひとつの特徴的なカテゴリーを構成しています。フランス語の「rattrapante」(ラトラパント)は、追いかける、または「追いつく」クロノグラフの秒針を意味します。この針はクロノグラフ秒針から独立して停止させることができ、再び同期させることができます。最初は両方の針が重なり合うため、ラトラパント秒針だけが見えます。時間計測が開始されると、両方の針は同期して動き始めますが、クロノグラフ秒針はまだ見えません。最初の中間タイムが計測された時にのみ表示されます。ラトラパント針が停止したまま、クロノグラフ秒針が作動を続けます。2番目の中間タイムが計測されると、クロノグラフ秒針も停止します。この手順により、例えば、2人の走者のラップタイムといった、同じ開始時刻の2つの中間タイムを比較することができます。

クロノグラフとラトラパント機構の特性を完全に活用することで、基準時刻との比較計測を何度でも行うことができます。ラトラパント・クロノグラフでは、例えば、馬のそれぞれのラップタイムや合計走行時間など、最小値や最大値を決定できます。

唯一無二のクロノグラフとグランド・コンプリケーション

2004年、A.ランゲ&ゾーネの自社工場は、世界初のダブルスプリットを発表しました。精密時計製造の歴史において初めて、ダブルラトラパント機能を搭載したクロノグラフを製作しました。秒針が2本あるだけでなく、ミニッツカウンターも2つあります。ラトラパント針は両方とも、クロノグラフ針とは独立して停止させることができ、後で再び同期させることで、中間計測の時間を60秒から30分に延ばすことができます。ダブルスプリットは、フライバック機能とプレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターも搭載しています。

2018年、トリプルスプリットはさらに一歩進み、停止時間の計測において新たな次元を切り開きました。秒、分、時間のトリプルラトラパント機構により、初めて複数の比較時間計測が可能になりました。トリプルスプリットは、1秒の6分の1の精度で、ラップタイムや積算タイム、中間タイムやリファレンスタイム、そして同時にスタートした2つのイベントを最大12時間までを計測し、比較することができます。

クロノグラフ機構とパーペチュアルカレンダーのような他のグランド・コンプリケーションの組み合わせは、魅力的な時計のさらなるカテゴリーを生み出します。このカテゴリーの最初のタイムピースは、2006年に発表された“ダトグラフ・パーペチュアル” した。2013年に発表した“1815 ラトラパント・パーペチュアルカレンダー”で、A.ランゲ&ゾーネは、631個の部品で構成されるムーブメントに搭載した、スプリットセコンド・クロノグラフとパーペチュアルカレンダーの洗練されたコンビネーションを発表しました。

2016年、“ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン”は、729個の部品から構成される自社製キャリバーに3つのグランド・コンプリケーションのコンビネーションを搭載し、プレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターを備えたフライバック・クロノグラフ、ムーンフェイズ表示を瞬時に切り替えるパーペチュアルカレンダー、アウトサイズデイト、ストップセコンド機構を備えたワンミニッツトゥールビヨンといった、さらに複雑な機構を発表しました。

トゥールボグラフ・パーペチュアル“プール・ル・メリット”には、他に並ぶものがありません。A.ランゲ&ゾーネによる5番目の傑作 “プール・ル・メリット”は、チェーンフュジー機構を備えたワンミニッツトゥールビヨン、ラトラパント機能を備えたクラシックなクロノグラフ、ムーンフェイズ表示を備えたパーペチュアルカレンダーの5つの複雑機構を搭載した唯一無二の作品です。

すべての自社製クロノグラフは、時間を止めることはできるが、A.ランゲ&ゾーネは“Never stand still(決して立ち止まらない)”という信念を象徴しています。

複雑機構

アウトサイズデイト
アウトサイズデイト
A.ランゲ&ゾーネのアウトサイズデイトは、他の同じサイズの時計と比べて約3倍もの大きさで日付を表示します。
クロノグラフ
クロノグラフ
1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの自社製ムーブメント搭載クロノグラフは、ブランドの人気モデルの一つとして不動の地位を築いています。
カレンダー機能
カレンダー機能
A.ランゲ&ゾーネのカレンダー表示には、アニュアルカレンダーとパーペチュアルカレンダーがあります。
ムーンフェイズ表示
ムーンフェイズ表示
A.ランゲ&ゾーネのほとんどのムーンフェイズ表示は、月の周期を99.998パ
パワーリザーブ表示
パワーリザーブ表示
AUF/AB(アップ/ダウン)の表示が、時計の巻上げを思い出させてくれます。
トゥールビヨン
トゥールビヨン
トゥールビヨンは、地球の重力が歩度に与える影響を補正し、機械式時計の精度を高める機構であり、高級機械式時計の世界でも最も巧妙かつ魅力的な機構の一つに数えられています。
ゼロリセット機構
ゼロリセット機構
ゼロリセット機構により、リューズを引き出すとテンプが停止し、秒針が瞬時に帰零します。
チェーンフュジーによる動力伝達
チェーンフュジーによる動力伝達
チェーンフュジーは、機械式時計の精度を向上させるための最も魅力的かつ効果的な複雑機構のひとつです。
動力制御メカニズム
動力制御メカニズム
機械式時計の動力制御メカニズムは、ゼンマイが完全に巻き上げられた状態でも、ほとんど解けてしまった状態でも、脱進機をできる限り一定の力で作動させるという役割を担っています。
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機能
ミニッツリピーターやハンマー打ち機構を搭載する時計は、時を音で知らせます。複雑を極める機構のため、これらのモデルは精密時計製作の分野において最も精巧で希少な時計の一つです。

A.ランゲ&ゾーネの世界

フライバック機能
フライバック機能
プレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターとフライバック機能は、1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの多数のクロノグラフモデルに搭載されています。
ラトラパント機能
ラトラパント機能
2004年にA.ランゲ&ゾーネがダブルスプリットを発表するまで、ラトラパント機能の開発はすでに終了したと、誰もが思っていました。
ダブルラトラパント機構とトリプルラトラパント機構
ダブルラトラパント機構とトリプルラトラパント機構
ダブルラトラパント機構あるいはトリプルラトラパント機構は、最大12時間までタイム比較やラップタイムの計測ができます。

お手伝いが必要ですか?

お探しのモデルに関するお問い合わせや、修理のご依頼等、喜んでお手伝いいたします。お問い合わせは、お電話、Eメール、またはブティックにて承ります。

スイス・チューリッヒのA.ランゲ&ゾーネ サロン

精巧な時計作りの世界を特別にご紹介

ニュースレターに登録して、A.ランゲ&ゾーネの魅力的な伝統や独創的なストーリー、卓越したタイムピースをぜひご体験ください。