現在ご覧のウェブサイトは日本版です。
お住まいの地域に関連する情報にアクセスするには、バージョンをお勧めします:

マニュファクチュールムーブメント

グラスヒュッテの情熱とともに

A.ランゲ&ゾーネの哲学の本質

時計に施されたA.ランゲ&ゾーネのロゴは、自社で製造したマニュファクチュールムーブメントが搭載されていることを示しています。A.ランゲ&ゾーネは1990年に復活して以来、これまでに71ものムーブメントを開発・製作されています。シンプルなモデルも、複雑機構を搭載したモデルも、すべてのムーブメントは最高の精度を誇る二度組み方式で組み立てられ、グラスヒュッテの時計師による精巧な仕上げが施されています。

それは、私たちが、時計を総合的な作業が生み出す芸術と捉えているからです。独自の基準を設けることにより、マニュファクチュールではムーブメントの組み立てを遥かに超える技術が求められます。A.ランゲ&ゾーネならではの高い職人技は、組み込まれたムーブメントのパーツの一つ一つにも反映されています。

違いを生むマニュファクチュールムーブメント

時計製作の世界において、高品質の自社製ムーブメントこそが、卓越した独自性を表現できるのです。これは、搭載されるムーブメントが自社のマニュファクチュールにて開発され、組み立てられたことを保証するものです。

新しいムーブメントの開発には、途方もない努力が求められます。設計士、時計師、試作担当の技師、研究所の技術者からなる専門チームは、完璧に動作するムーブメントを発表するまでに、通常数年にわたる作業を行います。こうした理由から、一部の開発や製造段階を外部業者に委託したり、既製のムーブメントを購入するブランドも少なくありません。それは高級時計産業においても同様です。

だからこそ、A.ランゲ&ゾーネは独自の道を切り開いていくのです。ウォルター・ランゲとギュンター・ブリュームラインは、ブランドを復活させる時には既に、A.ランゲ&ゾーネの時計と、それに搭載するムーブメントの明確なビジョンを持っていました。それは、世界最高水準の時計を製作するという野心に従うものです。A.ランゲ&ゾーネは、伝統的かつ精密な時計製作の分野において洗練された進化を続けています。新作を開発する時、私たちは既成概念に根本から挑戦します。そうしてこそ、新境地を切り開き、唯一無二の高級機械式時計を製作することができるのです。それが、すべてのA.ランゲ&ゾーネの時計に自社製ムーブメントを搭載している理由です。

A. ランゲ&ゾーネ独自のマニュファクチュールムーブメント

A. ランゲ&ゾーネ独自のマニュファクチュールムーブメント

「マニュファクチュールムーブメント」という言葉に対して、一般的に認知されている定義はありません。ラテン語から派生した「マニュファクチュール」という言葉は、もともと「手作業で製作」されたものを指し、工業的で大規模な機械による生産方法とは正反対であることを強調するものでした。

A.ランゲ&ゾーネでは、エンジニアによる開発から、時計師による仕上げ作業から二度組みのアッセンブルまで、すべての行程を一貫して自社で行っているムーブメントをマニュファクチュールムーブメントと定義しています。

さらに一歩踏み込んで:マニュファクチュールムーブメントから精密機械式時計製作へ

さらに一歩踏み込んで:マニュファクチュールムーブメントから精密機械式時計製作へ

次に、際立つ特徴となるのがムーブメントの完璧なプロポーションです。サイズや形は常にケースと調和しています。私たちのムーブメントの独特の美しさは、技術的な問題だけでなく美観的な問題についても、開発段階から綿密な議論を重ねた結果です。

71のキャリバーすべてに共通する特徴には、ゴールドシャトン、ブルースクリュー、ハンドエングレービングを施したテンプ受けをはじめとした美しいムーブメントの仕上げがあります。すべての時計に、二度組み方式で組み立てられたムーブメントを搭載しています。

2003年以降、ムーブメントのヒゲゼンマイも自社で製造しています。非常に複雑な工程のため、他のマニュファクチュールでも習得しているのはわずか数社です。

画期的なマニュファクチュールムーブメント

画期的なマニュファクチュールムーブメント

71あるA.ランゲ&ゾーネのマニュファクチュールムーブメントの中でも、注目すべき画期的なキャリバーは、ダトグラフとツァイトヴェルク、またダブルスプリットとトリプルスプリットです。

1999年、歴史に記されたダトグラフは、マニュファクチュール復活後のA.ランゲ&ゾーネにおいて初となるクロノグラフムーブメントです。現在でもなお、クロノグラフの構造における基準として愛好家から評価を得ています。

2004年にダブルスプリットが、2018年にはトリプルスプリットが、メゾンのクロノグラフ史における重要なマイルストーンとして発表されました。両モデルでは、60秒という時間を超える中間タイムと比較タイムの計測が初めて可能になりました。

続くツァイトヴェルクでは、特許取得済みの瞬転数字式デジタル表示による時、分表示が、機械式時計の世界に革命的な変化をもたらしました。今も昔も、常に精密な機械式時計製作技術を進化させていくために、マニュファクチュールムーブメントは重要な存在です。それこそが既成概念に挑戦し、唯一無二の時計製作を可能にするものなのです。

詳しく見る

ウォルター・ランゲ ― A.ランゲ&ゾーネの復活
ウォルター・ランゲ ― A.ランゲ&ゾーネの復活
1989年、ドイツはベルリンの壁の崩壊に沸きます。ウォルター・ランゲはすぐに、ランゲ工房発祥の地グラスヒュッテに会社を再建することを決意し、夢を実現させます。
表面仕上げとエングレービング
表面仕上げとエングレービング
美しいムーブメント装飾はブランドにとって非常に重要な要素であり、部品の大きさ、ケースバックから見えるか見えないかに関係なく、ほぼすべての部品に手作業で装飾が施されます。装飾にはさまざまな技術が使われます。一つひとつの部品に、それぞれ独自の仕上げが施され、全体として調和のとれた外観となります。
クロノグラフ
クロノグラフ
1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの自社製ムーブメント搭載クロノグラフは、ブランドの人気モデルの一つとして不動の地位を築いています。

精巧な時計作りの世界を特別にご紹介

ニュースレターに登録して、A.ランゲ&ゾーネの魅力的な伝統や独創的なストーリー、卓越したタイムピースをぜひご体験ください。

お手伝いが必要ですか?

お探しのモデルに関するお問い合わせや、修理のご依頼等、喜んでお手伝いいたします。お問い合わせは、お電話、Eメール、またはブティックにて承ります。

スイス・チューリッヒのA.ランゲ&ゾーネ サロン