サクソニア

最善の機械構造

サクソニア ファミリーでは、基本的な機能に絞り込んだ時計でも、複雑機構を搭載した時計でも、常に機構を最優先しています。モデルを開発する時には常に最善のソリューション、すなわち技術的な最適解と非の打ち所のない審美性を兼ね備えた機構を作ることを重視しています。 サクソニアという名前の由来であるドイツ・ザクセン州は、昔からドイツ国内でも技術開発において先駆的な地方として知られています。

サクソニア — 機構の傑作

サクソニア ファミリー

サクソニアという名前の由来であるドイツ・ザクセン州は、昔からドイツ国内でも技術開発において先駆的な地方として知られています。例えば、1839年には同地でドイツ初の機関車が製造され、サクソニア号と命名されました。その数年後、ザクセン生まれのフェルディナント・アドルフ・ランゲも技術史に残る功績を果たしています。彼の完璧を追求し、機械式時計を改良し続ける姿勢は、A.ランゲ&ゾーネの大切な理念として今日まで受け継がれています。このファミリーの時計は、その理念を体現しているのです。

視点は中から外へ

サクソニアは、ムーブメントを出発点として開発されます。ここで大切なことは、いかに多くの部品で構成するかということでも、ましてや究極の複雑さ追求することでもありません。まさにその対極である、メカニズムの本質的要素に重点が置かれます。 A.ランゲ&ゾーネの最薄モデルであるサクソニア・フラッハがサクソニア ファミリーの一員であることは、それを示す好例と言えるでしょう。

設計上の最適解を追求

ムーブメントを開発するにあたり、A.ランゲ&ゾーネのマイスターたちは何度も構造上の難題に直面します。画期的な機構の多くは、その難題を克服するための試行錯誤から生まれます。世界初のトリプルラトラパント機構もその一つです。以前からある一般的な機構の改良も、同じように重視しています。時、分および秒を表示するだけの比較的シンプルな時計の機構でも、細部の細部まで完璧を追求します。サクソニア ファミリーにおけるこのような一種独特のアプローチは、常識にとらわれない機構を生み出すだけでなく、時代を越えて愛される明晰なデザインにも反映されています。

もっと見る

ダブルラトラパント機構とトリプルラトラパント機構
ダブルラトラパント機構とトリプルラトラパント機構
ダブルラトラパント機構あるいはトリプルラトラパント機構は、最大12時間までタイム比較やラップタイムの計測ができます。
アウトサイズデイト
アウトサイズデイト
A.ランゲ&ゾーネのアウトサイズデイトは、他の同じサイズの時計と比べて約3倍もの大きさで日付を表示します。
表面仕上げとエングレービング
表面仕上げとエングレービング
どれほど小さな部品でも、丹念な仕上げ装飾を施しています。

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。