ランゲ1

ランゲ1は、ウォルター・ランゲによって再興されたA.ランゲ&ゾーネが初コレクションとして発表した4モデルのうちの一つです。マニュファクチュールの伝統と革新性が融合したこのモデルは、ランゲ時計技法の代名詞となりました。ランゲ1 ファミリーは、オフセンターのダイヤルデザインやアウトサイズデイトという画期的な新技術で、歴史に新たな1ページを加えました。

ランゲ1 ファミリーには、19世紀初頭のドレスデンを起源とする名門時計師一族の知識と技能が凝縮されています。それは、4分の3プレート、ビス留め式ゴールドシャトン、チラネジテンプ、手作業による仕上げ装飾などの伝統的要素に表れています。

ハンドエングレービング入りテンプ受けを付けたランゲ1のキャリバー