手巻き 機械式手巻き時計のリューズを回してゼンマイを巻き上げる ― 多くの人々にとって、その作業は定期的に繰り返し訪れるひと時であり、素敵なセレモニーです。香箱に新しいエネルギーが蓄えられ、時計が動き始めます。

パワーリザーブの持続期間はモデルによって異なります。巻上げが36時間ごとに必要になるモデルもあれば、ランゲ31のように31日ごとに必要になるモデルもあります。このような極度に大きなパワーリザーブを実現するため、ランゲ31は1850ミリ長さのゼンマイを2個収めたツインバレルを搭載しています。専用の巻上げ用カギは、手でリューズを回すよりも大きなギア比でゼンマイを巻き上げます。これにより、長大なゼンマイにもかかわらず、わずかな回転数で完全に巻き上げることができます。

ランゲ31の巻上げ用カギのイラスト