サクソニア・デュアルタイム

サクソニア

全世界がボタンを押すだけで

サクソニア・デュアルタイムを着けて旅に出れば、常に自国とリンクしているようなものです。ブルースチールのもう1本の時針がホームタイムを表示します。さらに、12時位置に配された小さな24時間表示は自国のホームタイムと連動しており、デイ・ナイト表示を見れば自分の国では今昼なのか夜なのかがわかります。

キャリバー L086.2

現地時間を示すのは、ゴールドの針です。自国にいて時計が初期設定になっている状態では、ゴールド製の時針のみが見えており、ブルースチールのもう1本の時針はその下に重なって一緒に動いています。そのもう1本の針が姿を現すのは、ゴールド製時針を旅先の時間帯に合わせた時からです。時間帯を合わせるのは簡単で、ケースの左側についている二つのボタンを使います。上のボタンを押す度にゴールド製の時針が1時間ずつ進んでゆき、下のボタンを押せば針を1時間ずつ戻すことができます。

サクソニア ファミリー

サクソニア ファミリー

最善の機械構造

サクソニアは、ムーブメントを出発点として開発されます。ここで重視されるのは、機械式時計の本質です。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。