一覧へ戻る

心に残る名作 厳選したマスターピース

いつの時代にも、どの分野でも、並外れて優れた作品が創造されています。絵画や彫刻、音楽と同じように、時計も例外ではありません。それらの作品は、時代を越えた不朽の名作と呼ばれ、現在、主要な博物館あるいは個人のコレクションに収蔵されています。その中には、「A.ランゲ&ゾーネ」の銘が刻まれているものも少なくありません。これらの作品には、計り知れない不変の価値があります。なぜなら、それらはごく少数しか製作されておらず、中には1本だけしか存在しない時計もあるからです。1994年の復興コレクション第一弾発表後も、A.ランゲ&ゾーネは芸術的にも価値の高い作品を製作数限定モデルとして発表しています。

トゥールボグラフ “プール・ル・メリット” プラチナモデル トゥールビヨン “プール・ル・メリット”のプラチナモデルに搭載されたトゥールビヨンの写真

トゥールビヨン “プール・ル・メリット”

 

トゥールビヨン “プール・ル・メリット”は、新生A.ランゲ&ゾーネのトゥールビヨンモデル第一号で、腕時計としては初めてチェーンフュジー(鎖引き)で輪列を駆動する機構を搭載しています。科学分野における業績に対するかつてのドイツ最高位の勲章にちなんだ“プール・ル・メリット”という称号のつけられたこのモデルは、名門A.ランゲ&ゾーネの創始者フェルディナント・アドルフ・ランゲに捧げる機械式時計の芸術品です。トゥールビヨン “プール・ル・メリット”は、イエローゴールドモデル150本、プラチナモデル50本の限定版として、1994年から1998年にかけて製作されました。

ゴールドのダイヤルを収めたランゲ1A表側 ゴールドのダイヤルを収めたランゲ1Aの写真

ランゲ1A

 

「1A」という表記は、19世紀のA.ランゲ&ゾーネでも最高水準の技巧と極上の素材のみが使われていることを示すものでした。かつての時計師たちの偉大なる業績に敬意を表し、A.ランゲ&ゾーネは1998年にゴールド無垢製アンクル、ガンギ車およびテンプ受け、さらにギョーシェ仕上げのゴールド無垢ダイヤルを搭載するランゲ1Aを発表しました。また、この芸術的マスターピースには、ランゲ1をさらに貴重なものにする要素がすべて盛り込まれています。ランゲ1Aは、イエローゴールドモデル100本の限定版として、1998年から1999年にかけて製作されました。

1815ムーンフェイズ プラチナモデル表側 1815ムーンフェイズ プラチナモデル表側の写真

1815ムーンフェイズ

 

1999年にエミール・ランゲ生誕150周年を記念して、エミールの時計技法に関する功績を称え、彼に続く後進の時計師たちはこのマスターピースで深い敬意を表しました。この時計のムーンフェイズ表示は、設計上は1058年に一度だけ1日分の誤差を修正する必要が生じるというものです。1815ムーンフェイズは、ピンクゴールドモデル250本、プラチナモデル150本の限定版として、1999年から2000年にかけて製作されました。

ランゲ1・トゥールビヨン ピンクゴールドモデル表側 ランゲ1・トゥールビヨン ピンクゴールドモデルのダイヤルから見えるツインバレル

ランゲ1・トゥールビヨン

 

これは、最高水準の技巧をこらした時計を作ることで、新しい世紀の到来を祝うというA.ランゲ&ゾーネの伝統を踏襲する機械式時計の傑作です。2000年に発表されたこの時計は、地球の引力による影響を補正するトゥールビヨンとアウトサイズデイト表示、3日間のパワーリザーブを保証するツインバレル、パワーリザーブ表示を搭載する世界初の腕時計です。ランゲ1・トゥールビヨンは、ピンクゴールドモデル250本、プラチナモデル150本の限定版として、2000年から2003年にかけて製作されました。

10周年記念ランゲマティック プラチナモデル表側 10周年記念ランゲマティックのダイヤルの特徴である赤色のXII

10周年記念ランゲマティック

 

復興から10周年を迎えたことを、A.ランゲ&ゾーネでは初心に返る良い機会であると考えました。その2000年にA.ランゲ&ゾーネは、工芸美を体現するエナメルダイヤルを収めたランゲマティックを発表しました。別に印字してからさらにもう一度焼き付けを行った赤いXIIのインデックスなどの実に細かなディテールが、オリジナルを細部にわたるまで忠実に再現せずにはいられないA.ランゲ&ゾーネのこだわりを感じさせます。10周年記念ランゲマティックは、プラチナモデル500本の限定版として、2000年から2004年にかけて製作されました。

トゥールボグラフ “プール・ル・メリット” ピンクゴールドモデル表側 トゥールビヨン “プール・ル・メリット”に搭載されたトゥールビヨンの写真

トゥールボグラフ “プール・ル・メリット”

 

トゥールボグラフ“プール・ル・メリット”は、まさに別格の機械式腕時計です。チェーンフュジーとトゥールビヨン、そしてラトラパント機能も搭載する腕時計は、これが時計史上初めてです。ムーブメントには、時計技術と仕上げ装飾の粋が凝集されています。トゥールボグラフ“プール・ル・メリット”は、プラチナモデル51本、ハニーゴールドモデル50本の限定版です。プラチナモデルは2005年から2009年にかけて、そしてハニーゴールドモデルは2010年から2011年にかけて製作されました。

三部作トゥールボグラフ “プール・ル・メリット”、ランゲ1・トゥールビヨン “F. A.ランゲへのオマージュ”、そして1815ムーンフェイズ “F. A.ランゲへのオマージュ”の写真

“F. A.ランゲへのオマージュ” エディション

 

2010年は、フェルディナント・アドルフ・ランゲがドレスデン郊外の町に移り住み、当初15名の見習いを率いて時計工房を開いてから165周年にあたる年でした。A.ランゲ&ゾーネは、ドイツ高級時計産業の創始者の功績に敬意を表して、究極のコンプリケーションを揃えた特別コレクションを発表しました。トゥールボグラフ “プール・ル・メリット”、ランゲ1・トゥールビヨン “F. A.ランゲへのオマージュ”、1815ムーンフェイズ “F. A.ランゲへのオマージュ”からなる三部作には、受け継がれてきた時計師一族の伝統と、今日のマイスターたちの高度な技巧や発明精神が融合しています。このコレクションに使用されている金合金は、これまでになかった硬度とまったく新しい色合いをもつ18Kハニーゴールドです。この3モデルはいずれも製作数限定で、2010年から2011年にかけて製作されました。

A.ランゲ&ゾーネの世界

最新情報をお届けします

新作やイベントに関する最新情報だけでなく、腕時計という小さな空間に凝集された職人技の魅力をお伝えします。

ニュースレターの配信を申し込む