Slider image - 1
Slider image - 2

1815トゥールビヨン

精度の向上

トゥールビヨンは、発明から200年以上を経た今でも、精巧な時計作りの真骨頂と見なされています。ランゲが2008年に発表した特許技術ストップセコンドは、トゥールビヨンの動きを止めて時刻合わせできるようにした画期的な技術です。そして1815 トゥールビヨンで、その技術がさらに進化しました。ゼロリセット機能を搭載したこの時計のリューズを引き出すと、秒針が一気にゼロ位置に戻ります。そのため、時計を秒単位の正確さで再び始動させることができるのです。

A.ランゲ&ゾーネの1815トゥールビヨン ピンクゴールドモデル
1815トゥールビヨンの特徴は、複雑なストップセコンドおよびゼロリセット機構搭載トゥールビヨンです。

1815トゥールビヨンは、A.ランゲ&ゾーネが初めてトゥールビヨンにストップセコンド機構と秒針位置合わせのためのゼロリセット機構を同時に搭載した時計です。レイルウェイ風の分目盛り、アラビア数字、青焼きした針があしらわれ、センター部分が一段低くなっているダイヤルは、1815ファミリーに共通のデザインです。

1815トゥールビヨン — A.ランゲ&ゾーネ

We begin with fragmented animated sequences, which together show a balance-wheel. They quickly give way to a mystically illuminated real tourbillon in black and white. Display: Precision masterpiece. The Tourbillon. But for over 200 years it was impossible to set the watch precisely. New animated sequences show a rotating tourbillon. An arresting spring comes into play, suddenly snapping home. Display: Until we stopped the tourbillon. In mystical views, the snapping action of the real arresting spring is shown from different perspectives. In the next animated sequence a zero-reset heart cam comes into play, being struck by the zero-reset hammer. Display: 1815 Tourbillon. With a stop-seconds mechanism and a zero-reset function. There follow a composition of aesthetic detail shots of the tourbillon and slow-motion shots of the stop-seconds and zero-reset functions. After several dial perspectives, the watch is presented in all its technical complexity and beauty.

キャリバー L102.1

Number of movement parts

262

Number of diamonds

1

石数

20

Number of screwed gold chatons

5

完全巻上げ時のパワーリザーブ

72 時間

Oscillation system

テンプ振動数:毎時21600回

チラネジテンプで振り角を調整

ムーブメント寸法

直径:32.6 mm、高さ:6.6 mm

キャリバー キャリバー
キャリバー キャリバー