ハンドヴェルクスクンスト・エディション

A.ランゲ&ゾーネは、一つひとつの部品に手作業で装飾模様を入れる手間を惜しみません。それがたとえ、組立て後には隠れてしまうところでも例外ではありません。2011年にスタートしたハンドヴェルクスクンスト・エディションでは、ケース、ムーブメントおよびダイヤルの仕上げ装飾で美の極致に挑みます。

ハンドヴェルクスクンストは製作数限定の特別エディションです。時間と手間のかかる仕上げ技法および装飾技法を駆使して、例えばダイヤルにトランブラージュ模様をエングレービングしたり、釉薬を塗って焼成するエナメル仕上げを施したりするほか、意匠を凝らしたレリーフ彫りで地板を飾ります。モデル名に付いた “ハンドヴェルクスクンスト” はドイツ語で「工芸美術」を意味し、この特別モデルの贅を表現しています。

1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー “ハンドヴェルクスクンスト”