1815クロノグラフ “ハンプトンコート・エディション”

時計作りで社会に貢献

A.ランゲ&ゾーネは、2018年よりコンクール・オブ・エレガンスを協賛しています。今年は、社会貢献の一環で、特別企画としてコンクール・オブ・エレガンスのためだけに手作業で作り上げた一点物の時計を製作しました。この時計は、2022年9月2日から4日まで開催されるコンクール・オブ・エレガンス会場で発表されます。そして、オークションハウスとして有名なフィリップスがバックス&ルッソと共に開催する2022年11月6日のジュネーブ・ウォッチ・オークションXVIに出品され、収益金はザ・プリンス・トラスト(The Prince's Trust)に寄付されます。このように、1815クロノグラフ “ハンプトンコート・エディション”は、モータースポーツと計時を巧みに結びつけてくれます。

時計のケースは18Kホワイトゴールド製で、サンドストーンカラーの数字を配したブラックダイヤルを包み込んでいます。そのダイヤルには、ロディウム仕上げのスチール針が映えるシルバーのスモールセコンドと分積算計、さらにはゴールド製の時針と分針が鮮やかに浮かび上がり、最善の視認性を約束します。そして、ハンドエングレービング入り開閉式裏蓋を取り付けて、時代に左右されないデザインに仕上げています。裏蓋に見えるコンクール・オブ・エレガンスのロゴは、細部までオリジナルに忠実に再現するために、平彫り技法で何日もかけて刻んだものです。

その裏蓋を開けると、サファイアクリスタルのシースルーバックから自社製キャリバーL951.5が覗き、コラムホイール制御機構、分積算針を歯切れよく進めるカタツムリ形カム、最高度の正確さで機能するフライバックの動きを見ることができます。高い精度を維持する働きをするのは、自社製フリースプラング式ヒゲゼンマイで駆動する大きな偏心錘付きテンプです。このテンプの振動数は1時間あたり18,000回で2.5ヘルツに相当し、5分の1秒単位の精度でタイムを計測します。

協力して社会貢献を

この特製タイムピースは、「決して立ち止まらない」という私たちの信念を特別な形で表現したものです。それというのも、この時計は、社会的にも何らかの貢献をするために、2022年11月6日にオークションハウスのフィリップスがバックス&ロッソと共同で開催するジュネーブ・ウォッチ・オークションXVIに出品され、収益金はザ・プリンス・トラスト(The Prince's Trust)に寄付することになっているのです。1976年にウェールズ公チャールズが設立したこの慈善団体は、11歳から30歳までの青少年が基本的な生活スキルを身につけ、職業生活を始める準備をし、就労できるように支援する活動をしています。

 

このオークション、当社のコンクール・オブ・エレガンスへの協賛および社会貢献の詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。 

フィリップスのウェブサイト

ザ・プリンス・トラストのウェブサイト

A.ランゲ&ゾーネのウェブサイト ― 社会的責任

2022年もクラシックに夢中
2022年もクラシックに夢中
車と機械式時計はどちらも魅惑的です。とりわけ、人々が夢見るような希少品は、テクニカル・マスターピースとして大切な価値があります。
フライバック機能
フライバック機能
プレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターとフライバック機能は、1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの多数のクロノグラフモデルに搭載されています。
クロノグラフ
クロノグラフ
1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの自社製ムーブメント搭載クロノグラフは、ブランドの人気モデルの一つとして不動の地位を築いています。
1815 ファミリー

1815 ファミリー

フェルディナント・アドルフ・ランゲの伝統を受け継ぐ

高精度、完成度の高さ、勇気、謙虚さという特性を持つ1815 ファミリーの模範は、ランゲ時計工房の創設者です。

高級機械式時計の世界へ