イエローゴールド

出土された金製品のうち最も古いものは、紀元前5000年に作られたものです。当時すでに、この輝く金属は人類の関心を引き、所有欲を呼び起こしました。金は希少かつ高価で耐腐食性に優れ、打ち延ばすことができるうえに、不朽不滅のようでもあります。しかし、純金は時計や宝飾品の素材としては柔らか過ぎます。

さまざまな成分を加えて合金にすることで、金の強度を大幅に向上させることができます。イエローゴールドでは、材料を硬化させる際に純金の色をそのまま保持することが重要です。ランゲでは、純度18K(750/000)のイエローゴールドをケースとバックルに使用しています。巻上げ輪列に使用されているゴールドは、純度21K(875/000)です。

ケース素材

ピンクゴールド
ピンクゴールド
銅は、金に赤みがかった色調を与え、純金を時計のケースとして人気のある合金に変貌させます。
プラチナ
プラチナ
スペイン語のプラチナは「小さな銀」を意味します。
ハニーゴールド
ハニーゴールド
どのゴールド合金よりも硬くユニークな色調を持ち、A.ランゲ&ゾーネが専用使用権を有する素材 ― それがハニーゴールドです。
ホワイトゴールド
ホワイトゴールド
比較的少量のパラジウムを混合することにより、金の色が黄色から銀白に変わります。
純金の輝き
純金の輝き
古代から人々は、黄色く光る貴金属に魅了されてきました。希少で、耐腐食性に優れ、打ち延ばしできるうえに、不朽の印象を受けます。

詳細を見る

ウォルター・ランゲ ― A.ランゲ&ゾーネの復活
ウォルター・ランゲ ― A.ランゲ&ゾーネの復活
1989年、ドイツはベルリンの壁の崩壊に沸きます。ウォルター・ランゲはすぐに、ランゲ工房発祥の地グラスヒュッテに会社を再建することを決意し、夢を実現させます。
円熟の技に個性
円熟の技に個性
A.ランゲ&ゾーネの時計が一目でそれと分かるのは、デザインと伝統要素で独特のスタイルを作り上げているからです。
目を惹く美しさ
目を惹く美しさ
A.ランゲ&ゾーネの華やかなジュエリーウォッチは、イブニングパーティーや祝宴などにぴったりの時計です。

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。