ピンクゴールド

ゴールドに銅を加えると、赤い色相になります。こうして、柔らかく耐腐食性に優れた純金が、時計製作業界で人気の高い高級かつ高価な素材に変貌します。添加される銅の割合によって、淡いロゼから力強い深紅まで幅広い色相を得ることができます。ランゲでは、銅205パーミルと銀45パーミルを添加したピンクゴールドを使用しています。これは、純度18K(750/000)に相当します。

ケース素材

ピンクゴールド
ピンクゴールド
銅は、金に赤みがかった色調を与え、純金を時計のケースとして人気のある合金に変貌させます。
プラチナ
プラチナ
スペイン語のプラチナは「小さな銀」を意味します。
ハニーゴールド
ハニーゴールド
どのゴールド合金よりも硬くユニークな色調を持ち、A.ランゲ&ゾーネが専用使用権を有する素材 ― それがハニーゴールドです。
ホワイトゴールド
ホワイトゴールド
比較的少量のパラジウムを混合することにより、金の色が黄色から銀白に変わります。
純金の輝き
純金の輝き
古代から人々は、黄色く光る貴金属に魅了されてきました。希少で、耐腐食性に優れ、打ち延ばしできるうえに、不朽の印象を受けます。

詳細を見る

クロノグラフ
クロノグラフ
1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの自社製ムーブメント搭載クロノグラフは、ブランドの人気モデルの一つとして不動の地位を築いています。
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲに遡る4分の3プレートは、A.ランゲ&ゾーネの時計ならではの特徴の一つです。
時代を越えて
時代を越えて
A.ランゲ&ゾーネのクラシックモデルは、ブランド「A.ランゲ&ゾーネ」ならではの特徴に重点をおいた設計およびデザインで、控えめでありながら他のブランドと一線を画す時計に仕上がっています。
グランド・コンプリケーション
グランド・コンプリケーション
A.ランゲ&ゾーネは2013年、1902年製の懐中時計グランド・コンプリケーションNo.42500にインスピレーションを得て開発したブランド史上最も複雑な腕時計を発表しました。

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。