会社概要
A.ランゲ&ゾーネの工房の製作現場で話し合う2人の時計師

会社概要

何世代にもわたってA.ランゲ&ゾーネの時計師たちが目指し続けているひとつの目標があります。世界最高水準の時計を製作するという目標です。かつてウォルター・ランゲは、「時計に要求されること、また自分自身にも要求しなければならないことがある。それは、決して立ち止まってはならないということだ」と語りました。A.ランゲ&ゾーネではこの心構えを、優れた機械式時計の製作だけでなく、持続可能性や社会責任という問題においても常に念頭に置いています。

ザクセン・スイスの景観―A.ランゲ&ゾーネの故郷

持続可能性

数百個もの部品一つひとつに手作業で心を込めて加工し、装飾を施し、組み立てて、1本のランゲウォッチができあがります。私たちは時計を製作するにあたり、原料を国際的に適用されているガイドラインに則って使用するよう心がけています。当社の新工房は、厳格な環境基準に準拠して建設されました。

職業訓練のなかで話し合う時計師の卵たち

社会的責任

フェルディナント・アドルフ・ランゲはグラスヒュッテ町長として、そしてザクセン王国の国会議員として、社会的責任を引き受けました。したがって私たちも、公共の福祉への貢献を重視しています。そのため社会、文化および福祉の分野で長期的に継続可能な支援活動に協力しています。

A.ランゲ&ゾーネ自社製キャリバーにブルースクリューを取り付けるところ

重要な出来事

1990年、ザクセン地方の山あいの町グラスヒュッテに再びマニュファクチュール「A.ランゲ&ゾーネ」が設立されました。フェルディナント・アドルフ・ランゲの曾孫ウォルター・ランゲが、ゼロから会社を立ち上げる決意をしたのです。再建から現在まで、さまざまな出来事と転換期がありました。

A.ランゲ&ゾーネの世界