Slider image - 1
Slider image - 2

1815 ラトラパント・パーペチュアルカレンダー

二大複雑機構を搭載する正統派クロノグラフ

1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダーは、ラトラパント機能付きクロノグラフとムーンフェイズ表示付き永久カレンダーという二大複雑機構を搭載する腕時計です。この二つの機構を実現するにあたって、A.ランゲ&ゾーネのマイスターたちは昔ながらの構造で作ることを主張しました。ただし、それには時計師としての最高水準の技能が要求されます。

ピンクゴールド仕様の1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダーのムーンディスク、パワーリザーブ表示および永久カレンダーが見える近接写真。

各種の切替えプロセスを調整し、安定した歩度を約束するには、部品総数が631個にも上るこのムーブメントではことさら高い技術力が要求されます。永久カレンダーのメカニズムだけでも211個の部品があり、ラトラパント機能付きクロノグラフ機構には206個の部品が使用されています。自社製キャリバーL101.1には、歩度を安定させるためにチラネジテンプを採用し、自主開発・自社生産されているヒゲゼンマイを搭載しています。

1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー — A.ランゲ&ゾーネ

キャリバー L101.1

Number of movement parts

631

石数

43

Number of screwed gold chatons

4

完全巻上げ時のパワーリザーブ

42 時間

Oscillation system

テンプ振動数:毎時21600回

チラネジテンプで振り角を調整

ムーブメント寸法

直径:32.6 mm、高さ:9.1 mm

キャリバー キャリバー