ツァイトヴェルク

ツァイトヴェルクは、現代の腕時計の中でも最高水準の先進性が光る、デジタル表示式の時計です。このモデルは、3枚の数字ディスクで構成される瞬転数字式表示機構を初めて搭載した機械式腕時計です。この画期的なコンセプトは、これまでに何度も賞を獲得しています。

表示を先に進めるのに必要となる強力なエネルギーを供給するために開発した香箱は、特許を取得しています。また、同じく特許技術の動力制御メカニズムで、表示が切り替わるタイミングを正確に制御します。その革新的なコンセプトが、型破りなデザインに現れています。デザインの最も個性的な要素となっているのが、ダイヤルのタイムブリッジです。タイムブリッジはムーブメントの一部であると同時に、すべての時刻表示を一つにまとめるフレームとしての機能を果たします。

瞬転数字式表示機構の分解図