ランゲ1

ランゲ1

復活の象徴

ランゲ1は、ドイツ・ザクセン州で時計を作り続ける当マニュファクチュールを代表するモデルです。過去数十年を振り返っても、これほどたくさんの賞に輝いた時計は他にありません。1994年、A.ランゲ&ゾーネの復興コレクション第一弾として発表された4モデルのうち最も注目を集めたのが、このランゲ1でした。そして、それ以来、勇気ある再出発と時計作りの伝統の象徴となっています。

キャリバー L121.1

この時計がマニュファクチュールにとって特別な存在となったのは、ザクセン時計技法の伝統要素と非凡なダイヤルデザイン、そしてランゲ独特のアウトサイズデイトのような便利な革新技術が融合しているからに他なりません。ランゲ1のデザインには、明快なコンセプトがあります。各表示機能をオフセンターに配置し、二等辺三角形を形成したのです。ゴールドの枠に縁取られた日付表示の寸法は、同じようなサイズの腕時計と比べてほぼ3倍にも及びます。

もっと見る

パワーリザーブ表示
パワーリザーブ表示
AUF/AB(アップ/ダウン)の表示が、時計の巻上げを思い出させてくれます。
アウトサイズデイト
アウトサイズデイト
A.ランゲ&ゾーネのアウトサイズデイトは、他の同じサイズの時計と比べて約3倍もの大きさで日付を表示します。
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲに遡る4分の3プレートは、A.ランゲ&ゾーネの時計ならではの特徴の一つです。
ランゲ1

ランゲ1

伝説として語り継がれる代表作

新生A.ランゲ&ゾーネにふさわしい時計を作るべく試行錯誤を重ねた結果生まれたのが、ランゲ1です。この伝統と革新性が融合する時計は、ランゲ時計技法を体現していると言って過言ではありません。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。