現在ご覧のウェブサイトは日本版です。
お住まいの地域に関連する情報にアクセスするには、バージョンをお勧めします:

リトル・ランゲ1

ランゲ1 ファミリー

小柄なリトルにも大きな日付を

リトル・ランゲ1は、機構とデザインにおいてランゲ1に一歩も引けを取りません。ギョーシェ仕上げのゴールド製ダイヤルとカラーを調和させたアリゲーターベルトが、リトル・ランゲ1に独特の華やぎを醸し出します。このモデルには、3種類のカラーコンビネーションがあります。ピンクゴールドケースにはココアブラウンのダイヤルを、ホワイトゴールドモデルにはグレーのダイヤルを組み合わせました。そして、ホワイトゴールドケースとパープルカラーのダイヤルのコンビネーションは、ブティック・直営店限定エディションです。2019年3月にはランゲ1誕生25周年を祝い、リトル・ランゲ1のアニバーサリーエディションを発表しました。この時計はホワイトゴールド仕様で、製作数25本の限定モデルです。

キャリバー L121.1

ケース直径わずか36.8ミリのリトル・ランゲ1ですが、ランゲ1の特徴をすべて備えています。そこには、3日分のパワーリザーブを蓄えるツインバレル、おなじみのパワーリザーブ表示AUF/AB、瞬転式アウトサイズデイト表示、さらに自社製ヒゲゼンマイを収めた偏心錘付きテンプといった技術の粋が凝集されています。

もっと見る

アウトサイズデイト
アウトサイズデイト
A.ランゲ&ゾーネのアウトサイズデイトは、他の同じサイズの時計と比べて約3倍もの大きさで日付を表示します。
表面仕上げとエングレービング
表面仕上げとエングレービング
美しいムーブメント装飾はブランドにとって非常に重要な要素であり、部品の大きさ、ケースバックから見えるか見えないかに関係なく、ほぼすべての部品に手作業で装飾が施されます。装飾にはさまざまな技術が使われます。一つひとつの部品に、それぞれ独自の仕上げが施され、全体として調和のとれた外観となります。
円熟の技に個性
円熟の技に個性
A.ランゲ&ゾーネの時計が一目でそれと分かるのは、デザインと伝統要素で独特のスタイルを作り上げているからです。

お手伝いが必要ですか?

お探しのモデルに関するお問い合わせや、修理のご依頼等、喜んでお手伝いいたします。お問い合わせは、お電話、Eメール、またはブティックにて承ります。

スイス・チューリッヒのA.ランゲ&ゾーネ サロン