A.ランゲ&ゾーネの時計師が極小部品をムーブメントに組立て

アフターサービス

アフターサービス・セクションへようこそ。A.ランゲ&ゾーネの時計をお求めいただき、ありがとうございます。このセクションでは、ご所有の時計の手入れと修理および保証についてご説明申し上げます。

時計師

お手入れと取扱い

A.ランゲ&ゾーネの時計は、多数の繊細な部品で構成されている貴重な精密機器です。お手元の時計を正しく取り扱い手入れすることによって、購入から長年を経ても、購入当時と同じように正常に機能する状態を維持できます。

 

A.ランゲ&ゾーネ自社製キャリバーへのブルースクリューの取付け

オーバーホールと修理

世代を超えていつまでもお客様の時計の精度や価値、美しさを守ってゆくために、5年から7年に一度は時計のオーバーホールをご依頼ください。オーバーホールでは、ムーブメントの部品を一つひとつ丁寧に点検し、必要に応じて交換または元の状態に復元します。

A.ランゲ&ゾーネのロゴエンボス入り「時計の履歴書」

「時計の履歴書」と保証

A.ランゲ&ゾーネの時計には必ず「時計の履歴書」という冊子が付いています。これは、保証書であると同時に、時計の「経歴」を語るものです。これにより、ご所有の時計の履歴を漏れなく遡って確認することができます。

A.ランゲ&ゾーネの時計裏側にムーブメント番号とケース番号の刻印

時計の登録

ご所有のランゲウォッチをぜひご登録ください。ご所有の時計を特定するために、時計の裏面についているケース番号およびムーブメント番号が必要になります。

お越しをお待ちしております ブティックと正規代理店

検索

よくお寄せいただく質問

操作とお手入れ

時計に搭載されている表示機能によって調整の仕方が異なります。詳細な説明は、時計に添付されている取扱説明書をご参照ください。ムーブメントは非常に緻密で繊細な構造になっています。ムーブメントを意図しない誤使用または誤操作から保護するため、ムーブメントには一部、特許を取得した安全機構が組み込まれています。しかしながら、時計を初めて調整する前に取扱説明書を最後までよくお読みいただくことをお勧めします。

 

多数のモデルに、調整の仕方をより分かりやすく説明する取扱説明ビデオも用意しています。ご所有の時計をご登録いただくと、この説明ビデオへのリンクをお送りしますので、いつでもビデオをご覧いただくことができます。

 

すでに時計をご登録済みの場合には、時計のモデルとRef.番号をアフターサービス係にお知らせいただけば、ビデオへのリンクをお知らせいたします。

 

時計をまだご登録でない方は、ぜひご登録ください。

ご所有の時計の製造年にもよりますが、たいていの場合、新しい取扱説明書をご用意できます。ご登録済みのお客様には、取扱説明書をPDF形式または動画でご覧いただくことができます。このサービスのご利用をご希望の場合には、ご所有のモデルとRef.番号をアフターサービス係にお知らせください

 

時計をまだご登録でない方は、ぜひご登録ください

A.ランゲ&ゾーネの時計は、多数の繊細な部品で構成されている貴重な精密機器です。この時計を、できるだけ長く使用開始した時と同じように正常に機能する状態でご使用いただくために、ご注意いいただきたいことがいくつかあります。

 

ランゲウォッチは工房出荷時に3バールの圧力をかけて防水検査を行っています。この検査により水しぶきや、それと同等の水との接触に対する防水性を確認しています。しかしながら、時計を着用したままプールやサウナに入らないでください。これは高価なアリゲーター革ベルトを保護するためにも重要です。また、ベルトの変色および早期劣化を防止するためにも油脂、溶剤あるいは洗剤が付着しないようにご注意ください。

 

 

新作オデュッセウスは、工房出荷前に12バールの試験圧をかけて防水検査を行っています。これは、時計を着用したままシャワーを浴びたり、水遊びをしたりできることを意味します。ただしこの防水性能は、ねじ込み式リューズがきちんとねじ込まれており、ボタンが通常位置にあるときにのみ発揮されます。A.ランゲ&ゾーネは、1年に1回、オデュッセウスの防水性能検査を依頼されることをお勧めします。


ランゲウォッチは破損しないわけではありません。工作などの作業をするときや、スポーツをする際には、その点にご留意願います。急激な温度変化、直射日光または強力な磁気を避けてください。時計をぶつけるなどして強い衝撃を与えたり、振動にさらしてはなりません。


時計をあまり頻繁に使用しない場合でも、部品を潤滑するために一定の期間ごとにゼンマイを巻くか、自動巻きモデルの場合にはウォッチワインダーで時計を回転させることをお勧めします。


時計のクリーニングには、同梱のマイクロファイバークロスをご使用ください。

取扱説明書は時計の納品内容物に含まれています。「時計の履歴書」と一緒にボックスの付属ケースに入っています。

 

保証書類は時計の納品内容物に含まれています。保証シールまたは保証書は、ボックスの付属ケースに入っている「時計の履歴書」の1ページ目にあります。

A.ランゲ&ゾーネの時計をお求めいただき、ありがとうございます。こちらのサイトで時計をご登録いただけます。

ランゲウォッチは工房出荷時に3バールの圧力をかけて防水検査を行っています。この検査により水しぶきや、それと同等の水との接触に対する防水性を確認しています。しかしながら、時計を着用したままプールやサウナに入らないようにしてください。革ベルトも同様です。

 

新作オデュッセウスは、工房出荷前に12バールの試験圧をかけて防水検査を行っています。これは、時計を着用したままシャワーを浴びたり、水遊びをしたりできることを意味します。ただしこの防水性能は、ねじ込み式リューズがきちんとねじ込まれており、ボタンが通常位置にあるときにのみ発揮されます。A.ランゲ&ゾーネは、1年に1回、オデュッセウスの防水性能検査を依頼されることをお勧めします。

手巻き時計とは異なり、自動巻き時計には回転式分銅が付いており、これがゼンマイを自動的に巻き上げます。ランゲウォッチの自動巻上機構は、昼間普通に時計を着用していれば夜間に失われたパワーリザーブ量が再び充填されるように設計されています。自動巻上げが行われるのは、時計を腕にしている間と、ウォッチワインダーに取り付けて回転させている間だけです。

 

自動巻き時計は、手で巻き上げることもできます。手巻き時計を巻き上げるには、リューズを(引き出さずに)時計回り方向に回します。これについては、ご所有のランゲウォッチの取扱説明書でも説明しています。

お手元の時計が手巻き式であれば、リューズを通常位置で(引き出さずに)時計回り方向へ回します。リューズを回した時に強い抵抗を感じたら、ゼンマイの巻き上げは完了です。それからリューズを約1回転、逆方向に回します。これは巻上げが強すぎた場合の力を調節し、ムーブメントに負担をかけないようにするためです。


リューズを反時計回りに回し続けても、わずかにカチカチという音がするだけで何も起こりません。最善の精度を得るためには、パワーリザーブが完全に消費される前にゼンマイを巻くことをお勧めします。


自動巻き時計には、ゼンマイを自動的に巻き上げる回転式分銅が付いています。自動巻上げが行われるのは、時計を腕にしている間と、ウォッチワインダーに取り付けて回転させている間だけですのでご注意ください。ランゲウォッチの自動巻上機構は、昼間普通に時計を着用していれば夜間に失われたパワーリザーブ量が再び充填されるように設計されています。時計を初めて使う場合や、しばらく使っていなかった場合には、リューズを20回程度回して、起動時に十分なパワーリザーブを確保することをお奨めします。自動巻き時計を手で完全に巻き上げようとする場合、香箱内にゼンマイ切れ防止用のスリップ機構がついているため、完全に巻き上がった状態でもリューズがはっきりと止まることはありませんのでご注意ください。

ランゲウォッチのパワーリザーブの持続期間は、モデルと例えば計時機能またはハンマー打ち機構の使用状況によっても変動します。時計を完全に巻き上げたときのパワーリザーブ持続期間は、取扱説明書に記載されています。


時計の歩度を安定させるためには、パワーリザーブが完全に消費される前にゼンマイを巻き上げることをお勧めします。時計をあまり頻繁に使用しない場合でも、部品を潤滑するために一定の期間ごとにゼンマイを巻くか、ウォッチワインダーで時計を回転させることをお勧めします。

オーバーホールと修理

すべての部品は入念に表面処理したうえで、スラッジの発生しない合成油やグリースを使って丁寧に潤滑していますが、機械式時計である以上、一定の磨耗は避けられません。そのため、5~7年に一度はオーバーホールをご依頼いただくことをお勧めします。オーバーホールではムーブメントの部品をすべて清掃および潤滑し、必要があれば部品を交換して、時計が高精度で時を刻み続けるよう最善を尽くします。

オーバーホールは、通常使用による磨耗を点検の範囲内で補修する作業です。ムーブメント全体を点検して清掃し、潤滑剤、パッキンおよび磨耗部品を交換します。

 

衝撃または水の浸入などの外的な作用によって故障した場合には、修理を行います。高品質材料で製造された機械式時計であるランゲウォッチは、故障しても、当社の時計師の優れた技能によって、再び高精度で時を刻めるようになります。

ムーブメントのオーバーホールでは、ムーブメントを外します。つまりケースを開いて針とダイヤルを取り外します。オーバーホール工程を終了したムーブメントを再びケースに収め、防水検査と機能検査を行います。

 

ケースとバックルの修復もオプションで承っています。ケースのオーバーホールでは、引っ掻き傷や彫り傷に素材を盛って、ケース表面が新品同様の輝きを取り戻すまで研磨します。


A.ランゲ&ゾーネのアフターサービスの詳細については、こちらをご覧ください。

アフターサービス料金は、時計の複雑さと作業量によって異なります。打撃または水の浸入などの外的な作用による故障の場合には、その都度お見積もりをさせていただきます。定期的なオーバーホールの参考料金は、料金表をご覧ください。

アフターサービスでは、ムーブメントとケースのオーバーホールを別々に取り扱います。通常のオーバーホールでは、ケースのオーバーホールはオプションとなります。修理の場合、例えば打撃または落下によって損傷した場合の修理では、時計の機能性を復元するためにケースのオーバーホールがどうしても必要になることがあります。


アフターサービスの流れと内容の詳細は、こちらをご覧ください。

通常、見積金額は、必要な作業とオプションの作業の料金から成ります。必要な作業とは、機能性の復元または維持に不可欠な作業をいいます。これらの作業をお断りになった場合には、行うオーバーホールまたは修理作業に保証が付与されません。


オプション作業とは、ケースの再生のような時計外観の復元作業あるいは予防的な措置をいいます。


アフターサービスをご依頼いただく時計は、それぞれに修理目的が異なります。ランゲ正規代理店または直営ブティックが、ご所有者様のご質問にお答えいたします。

ランゲウォッチのアフターサービスをご依頼いただくには、時計を正規代理店またはA.ランゲ&ゾーネ直営ブティックに時計をご持参いただくのが、最も簡単かつ確実な方法です。オーバーホールのために時計をドイツ本社工房や当社のサービスセンターに直接ご送付いただく場合には、時計の発送に関する注意事項を守ってください。

保守点検または修理をするときには、時計を分解・清掃します。そして、すべての作業が終了すると、およそ1週間をかけて歩度、機能性および防水性の検査を行います 。時計をお戻しするのは、すべての品質検査が終了してからになります。通常12週間後に発送し、そこから配送日数を経てお手元に届きます。複雑なモデルの場合には、オーバーホール作業に15週間と配送日数がかかります。ランゲならではの精度と品質を何年も維持するためには、それだけの時間が必要なのです。

直営ブティックまたは正規代理店に時計をご持参いただいた場合には、そのブティックまたは代理店に状況をお問い合わせいただくことができます。時計が最寄りのサービスセンサーに到着したかどうか、時計の診断書と見積書ができたかどうか、あるいはすでに作業を終えて発送されたかどうかをお伝えします。


見積書ができた時点、または時計をお引き取りいただく準備ができた時点で、正規代理店または直営ブティックから直接ご連絡を差し上げます。その際にも、ご不明な点がありましたら、ご遠慮なくご質問ください。


時計を直接、ドイツ本社工房からお客様に発送した場合には、各国現地法人のアフターサービス担当者がご質問を承ります。

ご所有の時計をご満足いただける状態でお返しできなかった場合には、できるだけ早く対応することは言うまでもありません。この場合には、時計を写真に撮り、正規代理店または直営ブティックの担当者にご不満の点をご説明ください。時計をお送りいただかずに解決できることもありますが、そうでない場合には担当者が再修理または再オーバーホールの手はずを整えます。

オーバーホールおよび修理できるのは、ランゲ・ウーレンGmbHが再設立された1990年以降に製作されたすべてのモデルです。

 

1990年以前に製造された懐中時計と腕時計のアフターサービスは、現在のところ残念ながら行っておりません。しかし、直営ブティックまたは正規代理店が、お客様の居住国で対応可能な工房を見つけるお手伝いをいたします。

1990年以降に製作されたすべてのランゲウォッチの修理またはオーバーホールは、直営ブティックまたは正規代理店、あるいは本社工房で受け付けています。オーバーホール料金は、料金表をご参照ください。料金は、時計を修理またはオーバーホールに出す際にご確認ください。ご了解いただいた料金範囲を超える保証外の修理作業が必要になる場合には、作業を始める前にお見積書を作成します。

ランゲウォッチの組立ておよび仕上げ装飾には、何週間もかかることがあります。また、特に複雑な時計では、作業できる時計師が限られます。時計を不適切な方法で開くと、ムーブメントに重度の損傷を負わせるおそれがあります。


そのため、オーバーホールまたは修理は、必ず当社のサービスセンターあるいは正規サービスセンターにご依頼ください。修理に必要な交換部品を取り寄せできるのは、これらの工房だけです。


お手持ちのランゲウォッチの新しいベルトは、直営ブティックおよび正規代理店でお求めいただけます。特別仕様のベルトも、直営ブティックまたは正規代理店でご注文いただけます。ベルトの交換も、これら店舗で承っております。

時計を落としたなどの事故によって修理が必要になるのではなく、原因不明の不具合が見られる場合には、まず直営ブティックまたは正規代理店にご連絡ください。あるいは、アフターサービスフォームを使って直接ご連絡いただき、どのような不具合か具体的にご説明ください。その後の手順を検討したうえで、お返事させていただきます。

新しいレザーベルトの価格は、さまざまな要因によって決まります。通常、コレクションに含まれるレザーベルトのドイツ国内価格は、19%の付加価値税込みで290ユーロです(予告なく変更することがあります。特別仕様の価格はこれと異なることがあります)。お問い合わせいただけば、特別仕様のベルトにも対応いたします。

書類と証書

ランゲウォッチの保証期間は、ご購入日から24カ月です。直営ブティックでご購入いただいた時計を当社にご登録いただくと、保証期間が1年間延長されます。オーバーホールと修理に対しても改めて24カ月間、保証いたします。

ご希望により、1990年以降に製作された時計につき、それが偽造品ではなくA.ランゲ&ゾーネの真正品であることを証明する出自証明書を作成いたします。この証明書の発行は有料です。証明書をご希望の場合には、時計をランゲ本社工房、直営ブティックまたは正規サービスセンターにご送付ください。

ランゲウォッチの市場価格は、さまざま要因によって変動します。最善の方法は、オークションハウスに評価価格を問い合わせることです。これにつきましては、高級機械式時計の取扱い経験の豊富な、国際市場を対象としているオークションハウスにお問い合わせされることをお勧めします。

保証書類を紛失された場合には保証書類を再発行いたしますが、その前に対象となる時計の状態を点検させていただきます。保証書類の再発行は、新品相当の時計(ご購入日から4年以内の)に対し1回のみ行います。

A.ランゲ&ゾーネの時計には必ず「時計の履歴書」がついています。この冊子には、購入日を記した保証印または保証書が収録されています。さらに、オーナーの変更や献辞、保守の記録などを手書きで記入できます。これにより、いつでも時計の履歴を漏れなく遡って確認することができるのです。

私どもが、ご所有のモデルに関する情報を整理してお知らせします。時計のダイヤルとケース裏蓋の写真と、お分かりになる範囲内で時計の詳細をEメールでメールアドレス info@lange-soehne.com にお送りください。

時計が盗難されたことを警察にお届けになった場合には、警察に盗難届を提出したことを下記のメールアドレス宛てにご連絡ください。

team_service@lange-soehne.com.

盗難届を出した時計が当社に届けられるようなことがあれば、速やかに警察に連絡します。

こちらからご注文いただけます。コレクションブックを数日中にお届け先住所に発送します。

その他

テンプ受けにイニシャルをエングレービングするのは、最も美しくさりげないパーソナライズ方法です。この方法ですと、時計を購入した後でもパーソナライズでき、その場合にはオーバーホール時が最良の機会です。オーバーホールの時以外でも、このサービスをご利用いただけます。新作の場合にはさらに、ご要望により、テンプ受けをお客様のイメージでデザインすることが可能です。


それだけでなく、裏蓋にご希望のエングレービングを入れることもできます。ご遠慮なくご相談ください

工房見学では、組立工程をご案内いたします。時計師たちの肩越しに、ムーブメントが組み立てられる様子をご覧いただけます。

 
ただし、1年間に行う工房見学の回数は限られています。ご興味をお持ちの方は、最寄りの直営ブティックまたは正規代理店にお問い合わせください。

直営ブティックおよび正規代理店でお求めいただけば、確実に欠陥のない新しい本物のランゲウォッチを購入できます。


これら店舗では、保証請求権を記した書類をお渡しいたします。これは「時計の履歴書」の1ページ目に購入日入りの保証シールまたは保証書として収録されますので、ご確認ください。

ランゲ・ウーレンGmbHはインターネットでは時計を販売していませんが、すでにA.ランゲ&ゾーネの時計をオンラインショップで販売している正規代理店がいくつかあります。そこで販売される時計の品質と保証規定は、インターネット以外でご購入いただく時計と同じです。

ランゲウォッチはドイツのザクセン州グラスヒュッテで製作されます。当社は、1990年にウォルター・ランゲによって再設立されました。

 

A.ランゲ&ゾーネは、ウォルター・ランゲの曾祖父フェルディナント・アドルフ・ランゲが創設したブランドです。F. A.ランゲは、1845年にグラスヒュッテに時計工房を設立してザクセン高級時計産業の礎を築きました。したがって、このエルツ山地の町は当社にとって、切っても切れないゆかりの地です。

 

当社が再スタートして以来、A.ランゲ&ゾーネの名は伝統的な時計技法と手工芸技能で製作された、最高水準の精度で時を刻む高級機械式腕時計の代名詞となっています。「Made in Glashütte」は私たちのアイデンティティの一部です。そのため、グラスヒュッテの本社工房ではムーブメントを組み立てるだけでなく、わずかな例外を除いて地板、受け、ヒゲゼンマイなどの一つひとつの部品も精密加工機を用いて製作し、最終的に手作業で仕上げています。

素材と搭載機能に応じていくつかの価格帯があります。最新コレクションのモデルの価格は、当社ウェブサイトの各モデルのページに掲載されています(ドイツ国内の付加価値税込み価格、単位:ユーロ)。

お住まいの国の通貨で表示された価格表は、その国の直営ブティックまたは正規代理店でご用意しています。こちらで当社のブティックおよび正規代理店を検索していただけます。

直営ブティックおよび正規代理店でお求めいただけば、確実に欠陥のない新しい本物のランゲウォッチを購入できます。こちらで当社のブティックおよび正規代理店を検索していただけます。

こちらで当社のブティックおよび正規代理店を検索していただけます。