一覧へ戻る

ボタンを押して世界旅行 時間帯表示メカニズム

通常使用時には、ゾーンタイム用輪列が常に動いています。しかし24都市リングは、同じ位置から動きません。この時には、輪列と都市リングが構造上分離されています。しかし、ゾーンタイムを変更する時には、その状況が変わります。というのは、ゾーンタイムの設定には、24都市リングとゾーンタイム、さらにそのデイ・ナイト表示を同時に先に進める必要があるからです。この役割を果たすのが、67個の部品からなる複雑な調整メカニズムです。これを操作するには、8時位置にあるタイムゾーン切替えプッシャーを押します。タイムゾーン切替えプッシャーの動きが、修正レバー(1)を通じて修正用星形ディスク(2)に伝わります。このディスクは、修正車(3)と連結されていて、修正車の歯が24都市リングの歯と噛み合って、24都市リングを24分の1回転(=15度)ずつ先に進めます。24都市リングの動きは都市修正用カナ(4)を経由してゾーンタイム修正用歯車(5)に伝達されます。しかし、このカナと歯車が都市修正用カナの突き出ている歯を通じて連結されているのは修正を行う間だけで、修正が完了すると再び切り離されます。修正車の回転によって、12歯の筒車がデイ・ナイト表示車(6)および中間車(7)の回転によって1歯分進み、ゾーンタイムの時針が1時間先に進むのです。

時間帯表示機構を構成する部品:ホームタイムの時および分、スモールセコンド、デイ・ナイト表示およびアウトサイズデイト、さらにの時刻表示中の第二時間帯域を示す24都市リング

ホームタイム

1  時、分
2  スモールセコンド
3  デイ・ナイト表示
4  アウトサイズデイト

第二時間帯の時刻表示付きダイヤル

ゾーンタイム

 

5  時、分
6  デイ・ナイト表示
7  現在表示中の時間帯を表す都市名を指すマーカー

 

ランゲ1・タイムゾーン ハニーゴールドモデル

A.ランゲ&ゾーネの世界

最新情報をお届けします

新作やイベントに関する最新情報だけでなく、腕時計という小さな空間に凝集された職人技の魅力をお伝えします。

ニュースレターの配信を申し込む