ランゲ1“25th アニバーサリー”

18Kホワイトゴールド製

Ref. 191.066


ランゲ1は、A.ランゲ&ゾーネ コレクションのクラシックモデルです。その見紛いようのないダイヤルデザインとアウトサイズデイト表示で、高級時計界に新たな息吹をもたらしました。このホワイトゴールドモデルのシルバーカラーのダイヤルは、シルバー無垢製です。“25th アニバーサリー”エディションのこのモデルは製作数250本の限定版で、A.ランゲ&ゾーネ ブティックでのみ取り扱っています。
この製品は現在、コレクションには含まれていません。ご質問がありましたら、A.ランゲ&ゾーネ アドバイザーにお気軽にお問い合わせください。

技術仕様

ウォルター・ランゲと彼の良きパートナーであったギュンター・ブリュームラインのビジョンが現実のものとなったのは、さかのぼること25年前のことです。1994年10月24日、A.ランゲ&ゾーネは4本の時計を携え、ドレスデン王宮でブランド復活コレクションの第一弾を発表しました。そこには、ランゲ1もありました。


いくつもの賞に輝いたこの時計が25年前に初披露されたとき、それまで見たこともない独創的なデザインが時計界やジャーナリストにどのように評価されるか、設計者たちは固唾をのみました。時計が披露されるやいなや、技術的な品質の高さが絶賛される一方、ランゲ1の表示要素をオフセンター配置するという画期的なダイヤルデザインは物議を醸しました。それがさらに注目を集め、結果的にA.ランゲ&ゾーネの名は一夜のうちに知れ渡ることとなりました。

勇気、完璧な時計作りを目指す姿勢、そして伝統と革新性をほどよく組み合わせるセンスの良さが、実を結びました。今ではランゲ1はクラシックモデルとなりましたが、デビュー当時と変わらず、ランゲの時計技法を具現化したモデルとして、機構、デザイン、そして工芸美の完璧な融合を希求するブランドの姿勢を示しています。A.ランゲ&ゾーネが会社再設立後、瞬く間に高級時計界の頂点に復帰できたのは、わけてもランゲ1のおかげです。

また、第一弾となる本モデルにのみ取り付けられたホワイトゴールド無垢製のエングレービング入り裏蓋も特筆に値する特徴です。そこには、1873年に竣工したランゲ時計工房の図柄と、ウォルター・ランゲとギュンター・ブリュームラインの名前、そして「25 JAHRE LANGE 1」(ランゲ1誕生25周年)のレリーフ彫り文字が刻まれています。

“25th アニバーサリー”シリーズの第一弾はランゲ1です。ランゲ1は、現在も1994年の発表当時とほぼ同じ外観ですが、技術面ではムーブメントに進化が見られます。2015年に新開発された手巻きキャリバーL121.1には、瞬転式アウトサイズデイト表示とランゲ自社製フリースプラング式ヒゲゼンマイが組み込まれました。このヒゲゼンマイは、大型偏心錘付きテンプと連係して歩度を最高度に安定させます。


手作業で丹念に仕上げ装飾を施したこのムーブメントは、ランゲ1の初代キャリバーL901.0がそうであったように、72時間のパワーリザーブを誇るツインバレルと、素材の特性を生かした洋銀製4分の3プレート、8個のゴールドシャトン、ハンドエングレービング入りテンプ受けといったランゲならではの品質の証しを備えています。なお、テンプ受けには特別に、25周年を表すシンボルとして25日を示すアウトサイズデイトがエングレービングされています。この手彫りの線からなる新柄では、初めて彫り線をブルーに仕上げたことにより、くっきりと浮かび上がっています。

ランゲ1

ランゲ1

ランゲ1は、ドイツ・ザクセン州で時計を作り続ける当マニュファクチュールを代表するモデルです。
ランゲ1

ランゲ1

伝説として語り継がれる代表作

新生A.ランゲ&ゾーネにふさわしい時計を作るべく試行錯誤を重ねた結果生まれたのが、ランゲ1です。この伝統と革新性が融合する時計は、ランゲ時計技法を体現していると言って過言ではありません。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。