リヒャルト・ランゲ “プール・ル・メリット”

リヒャルト・ランゲ

巧妙なメカニズムと最高の仕上げ

リヒャルト・ランゲ“プール・ル・メリット”の優れた技術的特徴としてあげられるのは、1994年以降に発表されたすべての“プール・ル・メリット”モデルと同じく、チェーンフュジー(鎖引き)機構です。サファイアクリスタルのシースルーバックから、その主立った部品を見ることができます。4分の3プレートの大きな開口部からは、636個の部品で構成されるチェーン、巻き上げ過ぎを防止する安全機構、そして角穴車とその下にあるフュジー(均力車)および遊星歯車が見えます。

キャリバー L044.1

直径40.5ミリのホワイトゴールド製ケースに身を包むこの時計は、製作数218本の限定モデルです。白色のローマ数字とロディウム仕上げのゴールド製針が、シルバー無垢製のブラックダイヤルにくっきりと浮かび上がります。15、30、45および60分を示す赤色の小さなアラビア数字は、ダイヤルの小粋なアクセントです。モデル名に冠された“プール・ル・メリット”の称号は、A.ランゲ&ゾーネの最高峰に位置づけられるモデルの一つであることを表しています。

もっと見る

フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲに遡る4分の3プレートは、A.ランゲ&ゾーネの時計ならではの特徴の一つです。
チェーンフュジーによる動力伝達
チェーンフュジーによる動力伝達
チェーンフュジーは、機械式時計の精度を向上させるための最も魅力的かつ効果的な複雑機構のひとつです。
リヒャルトとエミール ― 世界の舞台で名声を得た息子たち
リヒャルトとエミール ― 世界の舞台で名声を得た息子たち
1868年、リヒャルト・ランゲとエミール・ランゲは父の会社の共同経営者になります。リヒャルトが時計設計技師としての才能を発揮する一方、エミールは優秀な経営者として活躍します。
リヒャルト・ランゲ ファミリー

リヒャルト・ランゲ ファミリー

機械式時計の新時代到来

リヒャルト・ランゲ ファミリーでは、最高水準の精度と望み得る最善の視認性という二つの指標が最優先されています。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。