リヒャルト・ランゲ

リヒャルト・ランゲ

腕に装着するデッキウォッチ

最高水準の精度と理想的な視認性という点において、リヒャルト・ランゲは、A.ランゲ&ゾーネがかつて製作した科学観測用デッキウォッチの伝統を受け継ぐモデルです。シルバー無垢のダイヤルには、リヒャルト・ランゲの時代にデッキウォッチに使われていたのと同じスマートな印象のローマ数字が使用されています。1868年に工房の経営を受け継いだリヒャルト・ランゲは、その知識と発明で精密時計技法を発展させました。

キャリバー L041.2

この時計の精度の基盤をなしているのは、1時間に21,600回振動する自主開発・自社製のヒゲゼンマイです。ブルースチールのセンターセコンド針が、ダイヤルと鮮やかなコントラストをなしています。リューズを引き出すと、その針が即座に停止します。そのおかげで時計の時刻を秒単位で正確に合わせることができます。センターセコンド用の輪列は、4分の3プレートと独立した受けとの間に取り付けられており、サファイアクリスタルのシースルーバックを通して見ることができます。

もっと見る

フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲに遡る4分の3プレートは、A.ランゲ&ゾーネの時計ならではの特徴の一つです。
ランゲ自社製ヒゲゼンマイ
ランゲ自社製ヒゲゼンマイ
ヒゲゼンマイの製造は高級腕時計の製作において最も難しい作業の一つであり、この技術力を有するマニュファクチュールは数えるほどしかありません。
円熟の技に個性
円熟の技に個性
A.ランゲ&ゾーネの時計が一目でそれと分かるのは、デザインと伝統要素で独特のスタイルを作り上げているからです。
リヒャルト・ランゲ ファミリー

リヒャルト・ランゲ ファミリー

機械式時計の新時代到来

リヒャルト・ランゲ ファミリーでは、最高水準の精度と望み得る最善の視認性という二つの指標が最優先されています。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。