ツァイトヴェルク・ストライキングタイム

ツァイトヴェルク

鳴り物入りの大作

ツァイトヴェルク・ストライキングタイムは、瞬転数字式時刻表示を搭載し、見える位置にハンマー打ち機構が取り付けられた世界初の機械式腕時計です。15分ごとに右のハンマーがゴングを打ち鳴らし、透き通った高い音色が響き渡ります。毎正時には、左ハンマーの力強い低音が聞こえます。

ツァイトヴェルク・ストライキングタイムの機能とデザイン

ゴングに使用されるスチールは、じっくり時間をかけて硬度を高くしたものです。理想的な響きを出すために、ゴングに合わせてハンマーの重量、打鐘角度と速度を厳密に調整します。

キャリバー L043.2

ゴングに使用されるスチールは、じっくり時間をかけて硬度を高くしたものです。理想的な響きを出すために、ゴングに合わせてハンマーの重量、打鐘角度と速度を厳密に調整します。ソヌリ機能を無効にするには、ケース右下に配置されているボタンを押します。すると、ハンマーがゴングから離れてダイヤル中央寄りに固定されます。このボタンをもう一度押すと、ソヌリ機能が再び有効になります。

もっと見る

瞬転数字式表示機構
瞬転数字式表示機構
ツァイトヴェルクは、時刻をデジタル表示する機械式腕時計です。
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機構は、時刻を聞き取れるようにします。ゴングが振動するのに十分なスペースを確保する必要があり、時計の動力源からハンマー打ち機構の作動エネルギーを供給しなければならないため、この機構を搭載するのは時計師たちにとって至難の業です。
二度目の正直
二度目の正直
三針時計でも、高級時計でも、A.ランゲ&ゾーネではムーブメントをすべて、二度組方式で組み立てています。
ツァイトヴェルク ファミリー

ツァイトヴェルク ファミリー

機械式時計の新時代到来

ツァイトヴェルクの開発にあたって、ランゲの設計技師たちはこれまでの常識や先入観をいっさい捨てて、機械式という点以外のあらゆる項目を吟味し直しました。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。