ツァイトヴェルク・デイト

ツァイトヴェルク

デジタル革命10周年

A.ランゲ&ゾーネが初めて時刻をデジタル表示する機械式時計を発表してから10周年を記念し、新開発ムーブメントと新機能を搭載したツァイトヴェルクの新モデルを発表します。ツァイトヴェルク・デイトがそれです。ダイヤル外周をぐるりと巡る日付表示は、ツァイトヴェルクのダイヤルデザインと完璧に調和しています。この日付リングはガラス製で、1から31までの数字がプリントされており、 その日の日付が赤色で表示されます。ツァイトヴェルク・デイトでは、ホワイトゴールドケースにグレーのダイヤルを組み合わせています。

ツァイトヴェルク・デイトは、A.ランゲ&ゾーネ初のデジタル時刻表示を搭載した機械式腕時計に日付表示を統合した時計です。ムーブメントに大きな数字ディスクを取り付け、タイムブリッジを配した独特のダイヤルデザインを維持しながら、普通の日付はもとよりアウトサイズデイトを搭載することはできません。そのため、A.ランゲ&ゾーネの設計技師たちは、このモデル独自のソリューションを考案しました。ダイヤル外周に1~31の数字をプリントしたガラスリングを取り付けたのです。そのガラスリングの下に取り付けられているリングの小さな赤色のセグメントが、毎日深夜12時に1日分先に進む仕組みです。その日の日付が赤色で表示されるため、時計を見た瞬間に直観的に日付が分かります。日付表示を修正するには、8時位置にあるボタンを押します。ボタンから手を離した瞬間に赤色部分が先へ進みます。

A.ランゲ&ゾーネは2009年、時刻をデジタル形式で表示するという独創的なコンセプトを機械式高級腕時計として具体化したツァイトヴェルクを発表し、幾多の賞を受賞しました。それから10年を経て発表されたツァイトヴェルク・デイトは、そのダイヤルデザインと瞬転式数字によるデジタル時刻表示で、ツァイトヴェルク ファミリーの一員であることを如実に物語ります。ツァイトヴェルク・デイトでは、時分表示の数字ディスクを瞬時に回転させるユニークな仕組みを実現するムーブメントを、今回新たに設計し直しました。

キャリバー L043.8

ツァイトヴェルク・デイトに採用された新技術にはさらに、4時位置に追加されたボタンがあります。このボタンを押すと、時表示を進めることができます。ムーブメントの切替えプロセスと切り離して時表示を調整できるようにするために、ボタンを押すたびにクラッチが時リングを瞬転数字メカニズムから切り離します。そしてボタンから手を離すと、時リングを回転させる力が発生します。

ZEITWERK DATE

A.ランゲ&ゾーネの世界

瞬転数字式表示機構
瞬転数字式表示機構
ツァイトヴェルクは、時刻をデジタル表示する機械式腕時計です。
動力制御メカニズム
動力制御メカニズム
機械式時計の動力制御メカニズムは、ゼンマイが完全に巻き上げられた状態でも、ほとんど解けてしまった状態でも、脱進機をできる限り一定の力で作動させるという役割を担っています。
円熟の技に個性
円熟の技に個性
A.ランゲ&ゾーネの時計が一目でそれと分かるのは、デザインと伝統要素で独特のスタイルを作り上げているからです。
ツァイトヴェルク ファミリー

ツァイトヴェルク ファミリー

機械式時計の新時代到来

ツァイトヴェルクの開発にあたって、ランゲの設計技師たちはこれまでの常識や先入観をいっさい捨てて、機械式という点以外のあらゆる項目を吟味し直しました。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。