ツァイトヴェルク

ツァイトヴェルク

機械式を貫く信念

ツァイトヴェルクの開発にあたって、私たちはこれまでの常識や固定観念をいっさい捨てて、あらゆる項目を吟味し直しました。ただ機械式という点にはいささかの迷いもありません。その結果生まれたのが、瞬転数字メカニズムによるデジタル表示式の機械式腕時計です。ダイヤルで存在感を主張するのは、タイムブリッジです。時・分・秒の表示を囲むこの部品はダイヤルの表面に見えていますが、実はムーブメントの一部なのです。

キャリバー L043.1

ツァイトヴェルクは、瞬時に回転する数字ディスクによって時刻をデジタル表示する初めての機械式腕時計です。そのため、いつでも間違いなく時刻を読み取れます。瞬転数字メカニズムは、ムーブメントの直径にほぼ匹敵するほど大きな時リングと、十の位および一の位の2枚の分ディスクで構成されています。数字はすべて同じサイズで、左から右に向かって読み取ることができるように配置されています。

もっと見る

瞬転数字式表示機構
瞬転数字式表示機構
ツァイトヴェルクは、時刻をデジタル表示する機械式腕時計です。
動力制御メカニズム
動力制御メカニズム
機械式時計の動力制御メカニズムは、ゼンマイが完全に巻き上げられた状態でも、ほとんど解けてしまった状態でも、脱進機をできる限り一定の力で作動させるという役割を担っています。
二度目の正直
二度目の正直
三針時計でも、高級時計でも、A.ランゲ&ゾーネではムーブメントをすべて、二度組方式で組み立てています。
ツァイトヴェルク ファミリー

ツァイトヴェルク ファミリー

機械式時計の新時代到来

ツァイトヴェルクの開発にあたって、ランゲの設計技師たちはこれまでの常識や先入観をいっさい捨てて、機械式という点以外のあらゆる項目を吟味し直しました。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。