現在ご覧のウェブサイトは日本版です。
お住まいの地域に関連する情報にアクセスするには、バージョンをお勧めします:

ツァイトヴェルク・ミニッツリピーター

ツァイトヴェルク ファミリー

どこをとっても正真正銘のランゲ

ツァイトヴェルク・ミニッツリピーターは、初めて瞬転数字表示と十進式ミニッツリピーターを搭載した機械式腕時計です。 技術的に非常に洗練された機構によって、時を音で知らせます。

この度、A.ランゲ&ゾーネは、技術的に大変珍しいこのモデルを、グレーダイヤルを備えたメゾン独自のハニーゴールド(HONEYGOLD®) 製ケースで30本限定で発表いたします。独自のハニーゴールドのみが成せる、唯一無二の音を奏でます。ボタンを押せば、正時を低音、正10分を重複音、正分を高音で打ち鳴らして時刻を知らせます。

完璧な音色

新作ツァイトヴェルク・ミニッツリピーター・ハニーゴールドの音による時刻表示は、個性的で表情豊かな音色が特徴です。その独特な響きと音色の個性は、音を反響する、ケースに使われる合金に由来するものです。豊かであたたかな音色を兼ね備えた、明瞭で余韻のある音が生まれます。

A.ランゲ&ゾーネの商品開発ディレクターであり、情熱的なドラマーでもあるアントニー・デ・ハスは、次のように説明します。「すべてのミニッツリピーターには、それぞれ唯一無二の音色があります。ゴングやハンマーだけではなく、ケースの素材も音色に大きなインパクトを与えます。楽器のように、使用される素材によってさまざまな音色や印象が生まれます。

ひとつのボタンに、複数のセーフティ機構

これまでとは違うことをしたいという強い思いから、A.ランゲ&ゾーネは新たな道を探索し、この時計の外装と内部構造をデザインしました。例えば、ツァイトヴェルク・ミニッツリピーターには、リピーターを作動させるユニークなボタン機構を備えています。ハンマー打ち機構のパワーはツインバレルから供給されるため、一般的なミニッツリピーターのようにハンマー打ち専用のバネを引っ張るスライダーは必要ありません。

複雑な機構が調和しながら完璧に相互作用するために、精巧な機構がムーブメントに組み込まれています。打ち鳴らし動作が終了するまで邪魔されることがないように、パワーリザーブ残量が12時間以下になると、リピーターが作動しなくなります。

リピーターが作動している間は、数字表示ディスクの切り替え動作が遅れ、リューズを引き出せない仕組みになっています。これらの予防措置により、ハンマー打ち機構のサンプリング中の干渉を防ぎ、音響による時刻表示に影響が出ることはありません。

大きな飛躍

高精度な瞬転数字式表示を搭載するツァイトヴェルクは、妥協を許さないピュアなデザインを象徴しています。人の目ではほとんど認識できないかすかなクリック音とともに、特許取得の瞬転数字式表示機構が分刻みで進み、正時になると3枚の数字ディスクすべてが同時かつ正確な一度の動作で進みます。

このような切り替え工程を制御するためには、強力なパワーを持つ主ゼンマイが必要となります。また、ムーブメントを保護するために、急加速したディスクを確実に減速させることも重要です。これはフライガバナーの役目で、ディスクが進むたびに生じる過剰なエネルギーを吸収します。

特許取得済みのパワーマネージメント

ツァイトヴェルク ファミリーのすべてのモデル同様に、ツァイトヴェルク・ミニッツリピーターは、香箱とテンプの間にある動力制御メカニズムが特徴となっています。それは、1分間隔で数字ディスクを瞬転させるペースメーカーの役割をもっています。

同時に、時計の巻き上げ状態やエネルギーを消費する切替えプロセスに影響されることなく、パワーリザーブが切れるまで常時テンプに一定の力が加わるようにすることによって、歩度の安定に大きく貢献しています。

自社製キャリバー L043.5

771個の部品で構成される自社製キャリバー L043.5は、大変な忍耐と細心の注意を持って手作業で丁寧に仕上げられます。受け石93石のうち3石がビス留め式ゴールドシャトンで固定されています。

偏心錘付きテンプと自社製フリースプラング式ヒゲゼンマイは、毎時18,000回の振動を繰り返します。 手作業でエングレービングが施されたテンプ受けは、すべてのランゲの時計に施される、芸術的な象徴です。ガンギ車の受けにも同じモチーフのデザインが施されています。

もっと見る

十進式ミニッツリピーター
十進式ミニッツリピーター
ツァイトヴェルク・ミニッツリピーターは、瞬転数字式表示機構の原理を利用して、リピーターをデジタル表示と連動させた時計です。
動力制御メカニズム
動力制御メカニズム
機械式時計の動力制御メカニズムは、ゼンマイが完全に巻き上げられた状態でも、ほとんど解けてしまった状態でも、脱進機をできる限り一定の力で作動させるという役割を担っています。
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機能
ミニッツリピーターやハンマー打ち機構を搭載する時計は、時を音で知らせます。複雑を極める機構のため、これらのモデルは精密時計製作の分野において最も精巧で希少な時計の一つです。

お手伝いが必要ですか?

お探しのモデルのお問い合わせや、修理のご依頼等、喜んでお手伝いいたします。お問い合わせは、お電話、Eメール、またはブティックにて承ります。

スイス・チューリッヒのA.ランゲ&ゾーネ サロン