カレンダー機能

A.ランゲ&ゾーネのカレンダー表示には、アニュアルカレンダーとパーペチュアルカレンダーがあります。アニュアルカレンダーは日数が30日と31日の月を自動的に区別し、パーペチュアルカレンダーはうるう年も計算に入れて日付を表示します

アニュアルカレンダーと永久カレンダー

1582年2月24日、時の法王グレゴリウス13世が自分の名前を取って名付けたグレゴリオ暦の採用を命じました。それまで使用されていたユリウス暦では、1年の日数が365.25日でした。ユリウス年は太陽年よりも11分14秒長く、数百年が経過するうちに太陽暦との差がどんどん大きくなってゆきます。16世紀には10日ものずれが生じていました。

グレゴリオ暦は現在、世界に最も普及している暦です。この暦は、正確な天文現象の1年の長さ(太陽年)である365.24219日を反映させようとするもので、次のルールにしたがって作成されています。

 

  1. 4で割り切れる年にはうるう日を設け、その年が平均365.25日になるようにする。
  2. 100で割り切れる年には、うるう日を省略する。したがってその年は平均365.24日である。 
  3. ただし、400で割り切れる年にはうるう日を設け、1年が太陽年とほぼ同じ平均365.2425日になるようにする。 

1年中いつでも

アニュアルカレンダーには多数のカレンダー機能があります。時刻のほかにアウトサイズデイト、曜日、月、ムーンフェイズを表示します。巧妙なメカニズムによって、日数が30日の小の月と、31日ある大の月にも自動的に対応しています。ただし、2月は日数30日の月と同じように表示されるため、1年に一度だけ、2月から3月になる時には表示を更新しなければなりません。

パーペチュアルカレンダー

2100年3月1日!

機械式時計のカレンダー表示機能に「永久」という文字が付いていれば、日付、曜日、月、ムーンフェイズが自動的に正しく表示されます。1年のうちで1カ月の日数が異なる大小の月や、4年に一度のうるう年にも対応しています。1世紀の最後の年だけ、つまりグレゴリオ暦でうるう年が省略される年には、時計を調整する必要があります。つまり、グレゴリオ暦のルールによると2100年3月1日には日付を1日分、先に進めなければなりません。 2200年と2300年にも同じ操作をします。ただし、2400年はうるう年のため(ルール3を参照)、永久カレンダーは200年連続して正しく日付を表示します。その次に日付の調整が必要になるのは、2500年3月1日のことです。

カレンダー機構の心臓部にあたるのが、4年間で1回転する48カ月車です。このディスクには深さの異なる凹みがついていて、それに沿って触針が動いてゆきます。凹みが深いほど、翌月の1日に日付が切り替わるタイミングが早くなります。触針が凹みに入っておらず、48カ月車の外周上に乗っている場合には、31日経過後に月が変わります。浅めのくぼみは日数が30日の小の月にあたり、一番深い部分がそれぞれ28日しかない2月に対応しています。浅めのくぼみと1番深いくぼみの中間的な深さのくぼみが1カ所だけありますが、これはうるう年の2月29日にあたります。

もっと見る

アウトサイズデイト
アウトサイズデイト
A.ランゲ&ゾーネのアウトサイズデイトは、他の同じサイズの時計と比べて約3倍もの大きさで日付を表示します。
クロノグラフ
クロノグラフ
1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの自社製ムーブメント搭載クロノグラフは、ブランドの人気モデルの一つとして不動の地位を築いています。
カレンダー機能
カレンダー機能
A.ランゲ&ゾーネのカレンダー表示には、アニュアルカレンダーとパーペチュアルカレンダーがあります。
ムーンフェイズ表示
ムーンフェイズ表示
A.ランゲ&ゾーネのほとんどのムーンフェイズ表示は、月の周期を99.998パ
パワーリザーブ表示
パワーリザーブ表示
AUF/AB(アップ/ダウン)の表示が、時計の巻上げを思い出させてくれます。
トゥールビヨン
トゥールビヨン
トゥールビヨンは、地球の重力が歩度に与える影響を補正し、機械式時計の精度を高める機構であり、高級機械式時計の世界でも最も巧妙かつ魅力的な機構の一つに数えられています。
チェーンフュジーによる動力伝達
チェーンフュジーによる動力伝達
チェーンフュジーは、機械式時計の精度を向上させるための最も魅力的かつ効果的な複雑機構のひとつです。
動力制御メカニズム
動力制御メカニズム
機械式時計の動力制御メカニズムは、ゼンマイが完全に巻き上げられた状態でも、ほとんど解けてしまった状態でも、脱進機をできる限り一定の力で作動させるという役割を担っています。
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機構は、時刻を聞き取れるようにします。ゴングが振動するのに十分なスペースを確保する必要があり、時計の動力源からハンマー打ち機構の作動エネルギーを供給しなければならないため、この機構を搭載するのは時計師たちにとって至難の業です。

もっと見る

二度目の正直
二度目の正直
三針時計でも、高級時計でも、A.ランゲ&ゾーネではムーブメントをすべて、二度組方式で組み立てています。
瞬転数字式表示機構
瞬転数字式表示機構
ツァイトヴェルクは、時刻をデジタル表示する機械式腕時計です。
円熟の技に個性
円熟の技に個性
A.ランゲ&ゾーネの時計が一目でそれと分かるのは、デザインと伝統要素で独特のスタイルを作り上げているからです。

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。