一覧へ戻る

忘れ得ぬ人 ― ギュンター・ブリュームライン

20210909_Header_GB_XL

20年前の2001年10月1日、ギュンター・ブリュームラインが58歳の若さで永眠しました。彼は、高級時計産業界を革新した重要人物の一人です。いくつものスイス高級時計ブランドを復興させ、新生A.ランゲ&ゾーネを築き上げた彼は、1970年代のクォーツショック後に機械式時計の人気を復活させた立役者でした。 

 

ブリュームラインの早すぎる死によって、A.ランゲ&ゾーネは先見性のある共同創設者を失い、時計界はカリスマ性のある起業家と戦略家を失いました。しかし、そのビジョンと熱意は、彼の死後も受け継がれています。そして、その高精度を追求する姿勢、フォルムと品質へのこだわり、全体を見る目やわずかな違いが生み出す価値を感じ取るセンスは、今でもA.ランゲ&ゾーネの時計の1本1本に反映されています。

ALS_GB_Quote1

ギュンター・ブリュームラインとウォルター・ランゲ。工房の組立て部門にて。(1994年)

"ギュンター・ブリュームラインがいなければ、A.ランゲ&ゾーネは存在しなかったでしょう。そして、グラスヒュッテが再びドイツ高級時計製作の中心地になることもなかったでしょう。"

 

- ランゲ・ウーレンGmbHを設立したウォルター・ランゲ

ALS_GB_Quote2

ギュンター・ブリュームラインが使用した限定番号1/50のトゥールビヨン“プール・ル・メリット”。

"A.ランゲ&ゾーネの時計は、時計師の機構と工芸技能にかける情熱、見まがいようのないブランド独自のスタイルと豊かな歴史が融合した総合芸術作品です。"

 

- ギュンター・ブリュームライン

ギュンター・ブリュームラインがいなければ、グラスヒュッテが今日のようにドイツ時計産業の中心地として復活することはなかったでしょう。目標を持って、長期的な視野で産業立地としてのグラスヒュッテと職業教育に投資をすることによって、彼はグラスヒュッテという小さな町を再び高級時計界の国際舞台に連れ戻したのです。

 

ギュンター・ブリュームラインの最も大きな功績の一つは、A.ランゲ&ゾーネという名門ブランドをほぼ何もないところから復活させたことです。A.ランゲ&ゾーネは第二次世界大戦後に、40年以上もの長い間、事業中断を余儀なくされました。そこで、ブリュームラインはウォルター・ランゲとともに企業、製品、マーケティングの統合的なコンセプトを作り上げ、A.ランゲ&ゾーネの名を、戦前と同じように、高級時計の最高峰へと返り咲かせたのです。この大いなる志を最もよく反映している時計といえば、トゥールビヨン“プール・ル・メリット”をおいて他にないでしょう。この時計は、A.ランゲ&ゾーネが復興コレクション第一弾として発表した4モデルの一つで、複雑時計のカテゴリーを代表する作品です。その最大の特徴は、チェーンフュジーによる駆動機構です。これは、常に一定の動力を伝達するための巧妙なメカニズムで、それまで腕時計に実装されたことがありませんでした。

 

ブリュームラインのリーダーシップの下で生み出された革新的なデザインや発明されたメカニズムは、現在も影響を与え続けています。A.ランゲ&ゾーネで開発されたランゲ1のダイヤルの斬新なオフセンターデザインや、一般モデルとしては初のアウトサイズデイト、そしてダトグラフに搭載された初めての自社製クロノグラフキャリバーは、その好例です。

「気品のある時計、高級時計、世界最高の時計の製作は、今やスイスのお家芸ではなくなり、今、再びザクセンでも作られるようになりました。そして、私たちは今では敬意を払いつつも自信を持って、『世界最高の時計はスイスで作られると言うけれど、ザクセンでも作っている』と言うことができます。」

コレクションを見る

ギュンター・ブリュームラインの指揮の下で開発され、ダトグラフに初めて搭載された自社製クロノグラフキャリバーは、現在もA.ランゲ&ゾーネの複数のクロノグラフモデルのベースになっています。

他のストーリーを読む

決して立ち止まらない

新作やイベントに関する最新情報だけでなく、腕時計という小さな空間に凝集された職人技の魅力をお伝えします。

ニュースレターの配信を申し込む