タイムゾーン機能 1884年、開催された国際子午線会議で、世界を24の時間帯に分割するという決議が採択されました。しかし、複数の時間帯を表示する時計が大流行したのは、飛行機が発達していくつもの時間帯をまたぐ移動が容易になった20世紀になってからのことです。

A.ランゲ&ゾーネのタイムゾーン機能搭載モデルは、世界を舞台に活躍する方々にとって頼もしい旅の友です。これらの時計なら、旅先と自国の現在時間を一目で読み取ることができるのです。時計を現地時刻に合わせるのも、ボタン操作で簡単にできます。

このイラストはタイムゾーン機能の複雑な機構を表すものです。