ランゲ1・トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダー

LANGE 1

不朽のデザイン

A.ランゲ&ゾーネの設計技師たちが、広く永久カレンダーに使用されているメカニズムを根本的に見直すときのヒントになったのは、ランゲ1のダイヤルデザインでした。その特徴的なデザインを維持するために、月表示を外周リングとして配置することを思いついたのです。正確に動き続けるトゥールビヨンの姿は、サファイアクリスタルのシースルーバックを通して見ることができます。

A NEW MECHANISM

月次リングがダイヤルの外周という通常とは異なる位置にあるため、リングの動く距離が長くなり、まったく新しい手法のメカニズムが必要となります。そのため、各月で異なる日数の制御を、日数差を組み込んだプログラム車で行う一般的な方式とは違い、月次リングから直接読み取る仕組みが採用されています。このリングは、下の面に12個の凹みが刻み込まれています。1本のレバーがこの面の上をスライドしてゆき、それぞれの凹みの深さをトレースします。凹みが深いほど、その月の日数は短くなり、それに合わせて月の表示が先に進みます。2月には、このレバーについているもう1本のアームが、同時にうるう年表示の下にあるカムを押さえた状態になっています。その時にカムの半径が大きい方の位置にアームがあたっていると、29日が過ぎてから表示が3月に変わります(うるう年)。カムの半径が小さい方の位置にあたっている場合には、2月28日で表示が先に進む仕組みです。

KEY ELEMENTS

1  月次リング

2 トレースレバー

3 ブラケット

4 24時車

5 うるう年表示

6  毎日変わる表示用のカム

THE DIFFERENCE BETWEEN THE CALENDAR OF LANGEMATIK PERPETUAL AND OF THE LANGE 1 TOURBILLON PERPETUAL CALENDAR

瞬時に表示を先に進めるための力

大きな月次リングを含むすべてのカレンダー表示を、ジャンプするように瞬時に先に進めるためには、強い力が必要となります。表示が進む時になってからでは、その場でそれだけの力を生成することはできません。そのため、A.ランゲ&ゾーネのマイスターたちは、機械的にエネルギーを蓄積するメカニズムをムーブメントに二つ組み込みました。一つは毎日先に進む日付、曜日およびムーンフェイズ用で、もう一つは月次リング用です。表示を毎日進めるためのエネルギーは、時針および分針の輪列と共に回転する24時車によって蓄積されます。24時車の軸にはカムが取り付けられていて、半径が次第に大きくなってゆくカムの側面に1本のレバーがバネの力で押しつけられています。24時間が経過すると、カムの半径が最も大きいところに差し掛かったレバーがカムの段差部分に落ちて、それと同時にカムが瞬時に一段先まで押され、表示も先に進むというわけです。月表示を先に進めるためのエネルギーを蓄積する方法も、その原理は同じで、日付表示用のプログラム車によって毎日少しずつ先に進んでゆくもう一つのカムを使用します。1年が終わると、この機構によって月次リングが12月から1月に変わるとともに、うるう年表示も一つ先に進みます。この瞬間には、5種類ある瞬転式表示がすべて同時に動くことになります。

EXPLODED VIEW

1 Calendar module

2 Tourbillon

3 Basic movement

4 Rotor

永久カレンダーの仕組み

キャリバー L082.1

巧妙なカレンダー機構が、アウトサイズデイト、曜日、月、うるう年、ムーンフェイズおよびデイ・ナイト表示を制御します。カレンダー表示はすべて、瞬転式です。2100年にグレゴリオ暦の規則に従ってうるう年が省略されるまで、大小の月の日数に対応するように計算されています。そして最高の精度を保証するトゥールビヨンには、特許技術のストップセコンド機構が備えられており、時計の時刻を秒単位で正確に合わせることができます。

詳細を見る

カレンダー機能
カレンダー機能
A.ランゲ&ゾーネのカレンダー表示には、アニュアルカレンダーとパーペチュアルカレンダーがあります。
トゥールビヨン
トゥールビヨン
トゥールビヨンは、地球の重力が歩度に与える影響を補正し、機械式時計の精度を高める機構であり、高級機械式時計の世界でも最も巧妙かつ魅力的な機構の一つに数えられています。
クロノグラフ
クロノグラフ
1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの自社製ムーブメント搭載クロノグラフは、ブランドの人気モデルの一つとして不動の地位を築いています。
ランゲ1

ランゲ1

伝説として語り継がれる代表作

新生A.ランゲ&ゾーネにふさわしい時計を作るべく試行錯誤を重ねた結果生まれたのが、ランゲ1です。この伝統と革新性が融合する時計は、ランゲ時計技法を体現していると言って過言ではありません。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。