ランゲ31

サクソニア

パワーリザーブ744時間

ランゲ31は、31日間のパワーリザーブを備え、特許技術の動力制御メカニズムを搭載する世界初の機械式腕時計です。これほどに長いパワーリザーブを実現するためには、ムーブメント内に大量のエネルギーを蓄積しておく必要があります。その役割を果たしているのが2本の主ゼンマイで、それぞれ1850ミリの長さがあり、これは通常のパワーリザーブをもつ機械式腕時計に使用されているゼンマイの長さの10倍にもなります。

キャリバー L034.1

これほど長いゼンマイを使用するとなると、設計上解決しなければならない特殊な問題が生じます。その一つは、ゼンマイの膨大なエネルギーを少しずつ、均等にムーブメントに供給するという問題です。そのために設計技師たちは、特許技術の動力制御メカニズムを開発しました。二つ目の問題は、2本ある長い主ゼンマイをリューズで巻き上げるのは時間がかかり、疲れてしまうという点です。そこで、ランゲ31を専用カギで巻き上げる仕様にしました。カギのテコの力のおかげで、リューズを用いた巻き上げ機構よりも大きなギア比を実現することが可能になります。

サクソニア ファミリー

サクソニア ファミリー

最善の機械構造

サクソニアは、ムーブメントを出発点として開発されます。ここで重視されるのは、機械式時計の本質です。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。