現在ご覧のウェブサイトは日本版です。
お住まいの地域に関連する情報にアクセスするには、バージョンをお勧めします:

サクソニア・フラッハ

サクソニア ファミリー

一切の無駄を省く

サクソニア・フラッハは、A.ランゲ&ゾーネが製作してきた時計の中で最も薄く、時と分の表示という機械式時計の本質的な機能のみに特化したモデルです。ゴールド無垢製のバータイプのアプライドインデックスを採用したシンプルかつ明快なデザインのダイヤルは、二針時計の優雅さを強調します。2011年に初披露されたこのモデルは、今ではケース直径37ミリと39ミリの2種類から選んでいただけます。また、2018年と2020年にはダイヤルにゴールドストーンを採用したバリエーションが仲間入りしています。

キャリバー L093.1

サクソニア・フラッハをこれほど薄くできたのは、厚みわずか2.9ミリの手巻きキャリバーL093.1のおかげです。その技術的な特色の一つは、コンパクトな設計でありながら72時間ものパワーリザーブを提供する香箱です。角穴車と丸穴車が組み込まれた4分の3プレートの上側に、螺旋を描くサンバースト模様が見えます。

詳細を見る

円熟の技に個性
円熟の技に個性
A.ランゲ&ゾーネの時計が一目でそれと分かるのは、デザインと伝統要素で独特のスタイルを作り上げているからです。
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲに遡る4分の3プレートは、A.ランゲ&ゾーネの時計ならではの特徴の一つです。
マニュファクチュールムーブメント:A.ランゲ&ゾーネの哲学の本質
マニュファクチュールムーブメント:A.ランゲ&ゾーネの哲学の本質
すべてのA.ランゲ&ゾーネの時計には、自社製ムーブメントが搭載されています。より高い精度を出すため、すべてのキャリバーは開発、製作、仕上げ装飾、そして組み立てまで一貫してドイツ・グラスヒュッテの工房で行われます。

お手伝いが必要ですか?

お探しのモデルに関するお問い合わせや、修理のご依頼等、喜んでお手伝いいたします。お問い合わせは、お電話、Eメール、またはブティックにて承ります。

スイス・チューリッヒのA.ランゲ&ゾーネ サロン