1815

1815 ファミリーの名は、フェルディナント・アドルフ・ランゲの誕生年に因んでいます。手工芸技術を駆使した仕上げと、F. A.ランゲが考案した技術に遡る多数の要素は、ドイツ高級時計産業の創始者への敬意の表れです。最善の視認性と個性的で明快なデザインで、現代にふさわしい時計に仕上がっています。

1815のデザインで最も個性的なのは、ベゼル沿いをぐるりと走るレイルウェイ風の分目盛りでしょう。これは、鉄道の開通によって懐中時計の重要性が増した時代、すなわちフェルディナント・アドルフ・ランゲが工房を創業した時代を彷彿とさせるデザインです。

1815のイラスト