1815 ラトラパント・パーペチュアルカレンダー

1815

二大複雑機構を搭載する正統派クロノグラフ

1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダーは、ラトラパント機能付きクロノグラフとムーンフェイズ表示付き永久カレンダーという二大複雑機構を搭載する腕時計です。この二つの機構を実現するにあたって、A.ランゲ&ゾーネのマイスターたちは昔ながらの構造で作ることを主張しました。ただし、それには時計師としての最高水準の技能が要求されます。

アントニー・デ・ハス、1815 ラトラパント・パーペチュアルカレンダーを語る

キャリバー L101.1

各種の切替えプロセスを調整し、安定した歩度を約束するには、部品総数が631個にも上るこのムーブメントではことさら高い技術力が要求されます。永久カレンダーのメカニズムだけでも211個の部品があり、ラトラパント機能付きクロノグラフ機構には206個の部品が使用されています。自社製キャリバーL101.1には、歩度を安定させるためにチラネジテンプを採用し、自主開発・自社生産されているヒゲゼンマイを搭載しています。

1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダーは、

詳細を見る

ラトラパント機能
ラトラパント機能
2004年にA.ランゲ&ゾーネがダブルスプリットを発表するまで、ラトラパント機能の開発はすでに終了したと、誰もが思っていました。
カレンダー機能
カレンダー機能
A.ランゲ&ゾーネのカレンダー表示には、アニュアルカレンダーとパーペチュアルカレンダーがあります。
二度目の正直
二度目の正直
三針時計でも、高級時計でも、A.ランゲ&ゾーネではムーブメントをすべて、二度組方式で組み立てています。
1815 ファミリー

1815 ファミリー

フェルディナント・アドルフ・ランゲの伝統を受け継ぐ

高精度、完成度の高さ、勇気、謙虚さという特性を持つ1815 ファミリーの模範は、ランゲ時計工房の創設者です。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。