グランド・ランゲ1

ランゲ1

真の大物

新しいグランド・ランゲ1は、常に時計製作の限界を超えようとするA.ランゲ&ゾーネの意欲を象徴する時計です。このモデルのスケールの大きさが表れているのは、直径41ミリのケースもさることながら、多数の考え抜かれたディテールです。18Kホワイトゴールドまたは18Kピンクゴールドのケースの高さは、わずか8.2ミリです。この薄型化によって時計が腕元にぴったりとフィットし、どんなカフスにも収まるようになりました。オフセンターの時刻表示、アウトサイズデイト表示、パワーリザーブ表示が左右非対称でありながらバランスよく配置されたダイヤルデザインは、時計に独特の魅力を添えています。

アントニー・デ・ハス、グランド・ランゲ1を語る

キャリバー L095.1

新しいグランド・ランゲ1も、定評ある手巻きキャリバーL095.1を搭載しています。ランゲ1よりも一回り大きいこのモデルでは、それに比例して針の軸も若干外側に配置するなど、細部に至るまでランゲ1 ファミリーのデザインコードを踏襲しています。ただし、ランゲ1にはゼンマイを二つ重ねたツインバレルを使用していますが、グランド・ランゲ1の香箱は1個だけです。それでも、直径が大きいために、最大で72時間のパワーリザーブを蓄えることができます。

もっと見る

パワーリザーブ表示
パワーリザーブ表示
AUF/AB(アップ/ダウン)の表示が、時計の巻上げを思い出させてくれます。
アウトサイズデイト
アウトサイズデイト
A.ランゲ&ゾーネのアウトサイズデイトは、他の同じサイズの時計と比べて約3倍もの大きさで日付を表示します。
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲに遡る4分の3プレートは、A.ランゲ&ゾーネの時計ならではの特徴の一つです。
ランゲ1

ランゲ1

伝説として語り継がれる代表作

新生A.ランゲ&ゾーネにふさわしい時計を作るべく試行錯誤を重ねた結果生まれたのが、ランゲ1です。この伝統と革新性が融合する時計は、ランゲ時計技法を体現していると言って過言ではありません。

A.ランゲ&ゾーネの時計を見る

ドイツ・グラスヒュッテで手仕上げした時計の数々

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。