動力制御メカニズム

動力制御メカニズム

機械式時計の動力制御メカニズムは、ゼンマイが完全に巻き上げられた状態でも、ほとんど解けてしまった状態でも、脱進機をできる限り一定の力で作動させるという役割を担っています。

安定した精度:特許技術の動力制御メカニズム

マラソンランナー並みの持久力

リヒャルト・ランゲ・パーペチュアルカレンダー“テラ・ルーナ”は、大きく強力なゼンマイを二つ備えるツインバレルで14日分のパワーリザーブを提供します。ランゲ31では31日分にもおよびます。この動力制御メカニズムは、マラソンランナーと同じように大量のエネルギーを必要としますが、もっと大切なことは、自分自身の力を上手に分けて使うことです。これほどの動力を一度に蓄えるとなると、シングルバレルでは、完全に巻き上げたときのトルクが脱進機に直接伝達するには大きくなりすぎます。さらに、トルクの減少とともに、パワーリザーブが無くなる頃には精度が落ちてしまいます。パワーリザーブの持続期間全体にわたって時計の歩度を安定させるため、上述の2モデルでは、ツインバレルと脱進機の間に特許技術の動力制御メカニズムが組み込まれています。

このメカニズムは、ツインバレルのエネルギーを10秒毎にごく少量ずつ放出します。そのエネルギーによって、動力制御ゼンマイがその都度60度だけ巻き上げられます。この時、動力制御ゼンマイに蓄積されるエネルギー量は、その後10秒間にガンギ車、アンクル、ヒゲゼンマイに供給されるエネルギー量と同じです。動力制御ゼンマイから放出されるエネルギー量は毎回まったく変わらないため、主ゼンマイを巻いてから何日経過しても、時計の動力は常に一定に保たれることになります。その結果、振り角が一定し、ひいては歩度も目覚ましく安定します。動力制御メカニズムの動力制御ゼンマイとヒゲゼンマイを自社工房で製作していればこそ、ムーブメントと最適な調整ができるのです。

飛び掛かるピューマのように

ツァイトヴェルク・モデルの動力制御メカニズムは、脱進機に一定の力を供給するだけでなく、それと同時に瞬転式数字ディスクを進める力を生成します。獲物に飛び付こうとしているピューマのように、動力制御メカニズムは大きな瞬発力を供給しなければなりません。このメカニズムは、ちょうど60秒ごとに巻上げプロセスを実行するように設計されています。巻上げプロセスの間に一瞬、香箱の全トルクが放出されます。間髪をおかずにこの力を利用して、数字ディスクを進めるのです。

ツァイトヴェルク ファミリー

ツァイトヴェルク ファミリー

機械式時計の新時代到来

ツァイトヴェルクの開発にあたって、ランゲの設計技師たちはこれまでの常識や先入観をいっさい捨てて、機械式という点以外のあらゆる項目を吟味し直しました。

空中静止するハチドリのごとく

リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンドでは、動力制御メカニズムとジャンピングセコンド機構が二組の輪列に別々に割り当てられています。しかし、この二つの機構は切っても切れない関係にあります。ハチドリが空中の1点にとどまるために高速で羽ばたくように、動力制御メカニズムも瞬時に高速で連続運動をしなければなりません。1秒に一度、香箱が瞬間的にトルクを放出します。それと同時に秒針が1秒分だけ先に進むと、動力制御メカニズムのゼンマイが少しだけ巻き上げられます。他方、時計は一定の動力で正確に時を刻みます。

もっと見る

アウトサイズデイト
アウトサイズデイト
A.ランゲ&ゾーネのアウトサイズデイトは、他の同じサイズの時計と比べて約3倍もの大きさで日付を表示します。
クロノグラフ
クロノグラフ
1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの自社製ムーブメント搭載クロノグラフは、ブランドの人気モデルの一つとして不動の地位を築いています。
カレンダー機能
カレンダー機能
A.ランゲ&ゾーネのカレンダー表示には、アニュアルカレンダーとパーペチュアルカレンダーがあります。
ムーンフェイズ表示
ムーンフェイズ表示
A.ランゲ&ゾーネのほとんどのムーンフェイズ表示は、月の周期を99.998パ
パワーリザーブ表示
パワーリザーブ表示
AUF/AB(アップ/ダウン)の表示が、時計の巻上げを思い出させてくれます。
トゥールビヨン
トゥールビヨン
トゥールビヨンは、地球の重力が歩度に与える影響を補正し、機械式時計の精度を高める機構であり、高級機械式時計の世界でも最も巧妙かつ魅力的な機構の一つに数えられています。
チェーンフュジーによる動力伝達
チェーンフュジーによる動力伝達
チェーンフュジーは、機械式時計の精度を向上させるための最も魅力的かつ効果的な複雑機構のひとつです。
動力制御メカニズム
動力制御メカニズム
機械式時計の動力制御メカニズムは、ゼンマイが完全に巻き上げられた状態でも、ほとんど解けてしまった状態でも、脱進機をできる限り一定の力で作動させるという役割を担っています。
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機構は、時刻を聞き取れるようにします。ゴングが振動するのに十分なスペースを確保する必要があり、時計の動力源からハンマー打ち機構の作動エネルギーを供給しなければならないため、この機構を搭載するのは時計師たちにとって至難の業です。

A.ランゲ&ゾーネの世界

ランゲ自社製ヒゲゼンマイ
ランゲ自社製ヒゲゼンマイ
ヒゲゼンマイの製造は高級腕時計の製作において最も難しい作業の一つであり、この技術力を有するマニュファクチュールは数えるほどしかありません。
瞬転数字式表示機構
瞬転数字式表示機構
ツァイトヴェルクは、時刻をデジタル表示する機械式腕時計です。
手巻き
手巻き
手巻きムーブメントを搭載する機械式時計は、定期的にリューズを巻かねばなりません。そうして、香箱に新しい動力が蓄えられるのです。

お気軽にお問い合わせください。

どのようなご用件でも、お電話またはEメールで、あるいはブティックでお気軽にお問い合わせください。