卓越した時計技法

当社の手工芸には、伝統が色濃く反映されています。昔ながらのエレメントにも、開発がすすめられ、製作するうえで難易度の高い複雑機構にも、工芸技術が使用されています。例えば当社では、すべてのテンプ受けに装飾模様を手彫りで施しています。エングレーバーの1人1人に独自の筆致のようなものがあり、それによって1本1本の時計が世界に二つとない一点物になるのです。ムーブメントの内部に取り付けられる部品でさえも、面取りをして磨き上げ、手でエングレービングを入れます。時針と分針だけのクラシックモデルから大きな複雑機構搭載モデルまで、どの時計にも完璧な仕上げ装飾が施されています。その集大成が、ハンドヴェルクスクンスト モデルです。さらに、ランゲの時計はすべて、二度組みという工程を経ています。このように、A.ランゲ&ゾーネを選択することによって、単に優れた時計を手に入れるというだけでなく、惜しみなく時間をかけて時計作りに打ち込む時計師たちのクラフツマンシップをも手にすることになるのです。

「時計に要求されること、また自分自身にも要求しなければならないことがある。それは、決して立ち止まってはならないということだ」というウォルター・ランゲの信条を胸に刻んだ当社の時計師たちに、不可能なことはありません。高級時計界に新風をもたらした数々の特許や先進的な構造は、その証しです。例えば、トリプルスプリットは、何時間にもおよぶタイムを6分の1秒の精度で計測して比較できる世界初の機械式スプリットセコンド・クロノグラフです。

時計の製作と仕上げ装飾の緻密さ、そして複雑機構の複雑さのすべてを、ここでご紹介します。

表面仕上げとエングレービング

表面仕上げとエングレービング

どれほど小さな部品でも、丹念な仕上げ装飾を施しています。
二度目の正直

二度目の正直

三針時計でも、高級時計でも、A.ランゲ&ゾーネではムーブメントをすべて、二度組方式で組み立てています。
円熟の技に個性

円熟の技に個性

A.ランゲ&ゾーネの時計が一目でそれと分かるのは、デザインと伝統要素で独特のスタイルを作り上げているからです。
瞬転数字式表示機構

瞬転数字式表示機構

ツァイトヴェルクは、時刻をデジタル表示する機械式腕時計です。
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲが開発した4分の3プレート
フェルディナント・アドルフ・ランゲに遡る4分の3プレートは、A.ランゲ&ゾーネの時計ならではの特徴の一つです。
ランゲ自社製ヒゲゼンマイ
ランゲ自社製ヒゲゼンマイ
ヒゲゼンマイの製造は高級腕時計の製作において最も難しい作業の一つであり、この技術力を有するマニュファクチュールは数えるほどしかありません。
エナメル技法
エナメル技法
エナメル仕上げのダイヤルは、何日もかかる緻密かつ複雑な工程を経て製作されます。
オデュッセウスが完成するまで

オデュッセウスが完成するまで

A.ランゲ&ゾーネのオデュッセウスができるまで
チェーンフュジーによる動力伝達
チェーンフュジーによる動力伝達
チェーンフュジーは、機械式時計の精度を向上させるための最も魅力的かつ効果的な複雑機構のひとつです。
カレンダー機能
カレンダー機能
A.ランゲ&ゾーネのカレンダー表示には、アニュアルカレンダーとパーペチュアルカレンダーがあります。
クロノグラフ
クロノグラフ
1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの自社製ムーブメント搭載クロノグラフは、ブランドの人気モデルの一つとして不動の地位を築いています。
アウトサイズデイト

アウトサイズデイト

A.ランゲ&ゾーネのアウトサイズデイトは、他の同じサイズの時計と比べて約3倍もの大きさで日付を表示します。
動力制御メカニズム
動力制御メカニズム
機械式時計の動力制御メカニズムは、ゼンマイが完全に巻き上げられた状態でも、ほとんど解けてしまった状態でも、脱進機をできる限り一定の力で作動させるという役割を担っています。
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機能
ハンマー打ち機構は、時刻を聞き取れるようにします。ゴングが振動するのに十分なスペースを確保する必要があり、時計の動力源からハンマー打ち機構の作動エネルギーを供給しなければならないため、この機構を搭載するのは時計師たちにとって至難の業です。
ムーンフェイズ表示
ムーンフェイズ表示
A.ランゲ&ゾーネのほとんどのムーンフェイズ表示は、月の周期を99.998パ
ダブルラトラパント機構とトリプルラトラパント機構

ダブルラトラパント機構とトリプルラトラパント機構

ダブルラトラパント機構あるいはトリプルラトラパント機構は、最大12時間までタイム比較やラップタイムの計測ができます。
パワーリザーブ表示
パワーリザーブ表示
AUF/AB(アップ/ダウン)の表示が、時計の巻上げを思い出させてくれます。
目を惹く美しさ
目を惹く美しさ
A.ランゲ&ゾーネの華やかなジュエリーウォッチは、イブニングパーティーや祝宴などにぴったりの時計です。
HANDWERKSKUNST EDITIONS
HANDWERKSKUNST EDITIONS
2011年にスタートしたハンドヴェルクスクンスト・エディションでは、ケース、ムーブメントおよびダイヤルの仕上げ装飾で美の極致に挑みます。
トゥールビヨン

トゥールビヨン

トゥールビヨンは、地球の重力が歩度に与える影響を補正し、機械式時計の精度を高める機構であり、高級機械式時計の世界でも最も巧妙かつ魅力的な機構の一つに数えられています。
ゼロリセット機構
ゼロリセット機構
ゼロリセット機構により、リューズを引き出すとテンプが停止し、秒針が瞬時に帰零します。
フライバック機能
フライバック機能
プレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターとフライバック機能は、1999年以来、A.ランゲ&ゾーネの多数のクロノグラフモデルに搭載されています。
ジャンピングセコンドの仕組み
ジャンピングセコンドの仕組み
ジャンピングセコンド機構を搭載した時計なら、時刻をいつでも間違いなく読み取れます。それは、長い秒針が1分間にちょうど60回、歯切れ良く進むからです。
十進式ミニッツリピーター

十進式ミニッツリピーター

ツァイトヴェルク・ミニッツリピーターは、瞬転数字式表示機構の原理を利用して、リピーターをデジタル表示と連動させた時計です。