二度目の正直

二度組工程

ランゲの時計師たちの目標はただ一つ ― 完璧な時計を作ることです。それを達成するためなら、時間も労力も惜しみません。手法と工程のすべては、可能性の限界を向こうへ押しやることができるように考えられたものです。そのうちの一つは、ムーブメントの二度組です。A.ランゲ&ゾーネでは、三針時計でも、複数の複雑機構を搭載したモデルでも、一旦組み立てたムーブメントを分解して組み立て直します。それには理由があります。


その一つは構造上の特色、つまりフェルディナント・アドルフ・ランゲが1864年に導入した4分の3プレートを使用していることです。4分の3プレートでは、輪列全体を一枚の受け板によって支えるため安定性が増し、ムーブメントの構造精度が確実に向上します。その一方で組立て作業が必ずしも楽になるわけではなく、経験豊かな時計師でも、すべての軸の最適なあがきが決まるまで何度も4分の3プレートを取り付けては外す作業を繰り返さねばなりません。


もう一つの理由は、使用している素材にあります。A.ランゲ&ゾーネでは、洋銀で受けと地板を作っています。この素材はムーブメントを安定させるのに適しているだけでなく、年数が経つと温かみのある黄金のにぶいツヤが表面を覆い、表面を保護するのです。したがって、この特性を活かすために、表面処理をせずに使用しています。ただし、洋銀には非常に敏感だという欠点もあります。指紋が一旦付いてしまうと消すことはできず、スクリュードライバーを使用すれば微少な引っ掻き傷を付けてしまう恐れがあります。


そのため、A.ランゲ&ゾーネではどのムーブメントもまず無装飾の状態で組み立て、機構が完璧に機能するまで調整します。そして、ムーブメントを再び分解し、超音波洗浄器で汚れを落とします。最初の工程で何度も使用した組立作業用のビスに代えて、今度は職人の手焼きによって青く染められたビスを使用します。4分の3プレートに独特のグラスヒュッテストライプ模様を付け、最後のゴールドシャトンを光沢が出るまで磨き上げると、いよいよ時計師が最終的に時計を組み立てて、もう一度機構を調整します。

リヒャルト・ランゲ・トゥールビヨン “プール・ル・メリット”の二度組工程

A.ランゲ&ゾーネのキャリバーを組み立てるには、いくつもの手順を踏む必要があります。この手順には、意味があります。まず、手作業で入念に仕上げられた部品で、最終的にムーブメントに取り付ける複数のコンポーネントを作ります。この写真は、600個を超える部品で構成されるチェーンを注意深く香箱に巻き付けているところです。

鋭い目、熟練された指先の繊細な感覚と器用さを要する特別なコンポーネント ― すなわちトゥールビヨンの組立工程です。この工程を担当するのは、トゥールビヨン組立ての訓練を受けた数名の時計師で構成される専任チームです。このコンポーネントは84個もの部品の集合体であるにもかかわらず、重さはわずか0.25グラムです。

遊星歯車の組立てにも、時計製作技術の中でも最高度の技能が求められます。なぜなら、内径わずか10ミリのフュジー(均力車)に38個もの微少な部品を組み込まねばならないからです。

特殊な工具でチェーンをフュジーの歯溝に通します。そして、組立てが終了したムーブメントを五姿勢で調整します。地板には「五姿勢調整済み」を意味するドイツ語「IN FÜNFLAGEN REGULIERT」が刻み込まれています。

ムーブメントのダイヤル側に、時刻表示部品を作動させる輪列を取り付けます。ここで部品間のあがきを調整します。これは、指先の器用さが必要な作業です。

回転ダイヤル機構を取り付け、ビスで固定します。この作業は、すべての軸に最適なあがきが決まるまで、何度もやり直さねばならないこともあります。このサブダイヤルは、6時間ごとに90度時計回りに回転する仕組みになっています。こうして、12時から6時の間はトゥールビヨンの全体像を見ることのできる窓ができ、6時から12時の間は回転式ダイヤルが姿を現し時表示サークルが完成するため時刻を正確に読み取ることができます。

トゥールビヨンケージを取り付け、トゥールビヨン受けで固定してから、回転ダイヤルを取り付けます。一次組立はこれで完了しました。

このムーブメントはすでに完璧に調整されており、実際のところ、ケースに収めることのできる状態です。

その代わりに、ムーブメントを一つひとつの部品に分解します。部品を超音波洗浄器に入れ、丁寧に汚れを落とします。後にサファイアクリスタルのシースルーバックから非の打ち所のないムーブメントが見えるように、いつくかの部品にようやくここで仕上げ装飾を施します。これで二次組立の準備が整いました。

最終組立となる二次組立では、一つのムーブメント組立作業すべてを1人の時計師が一貫して担当します。洋銀製の4分の3プレートには、独特のストライプ模様が彫り込まれています。ゴールドシャトンは職人の手で磨き上げられ、傷を付けないようにプレートにはめ込まれています。一次組立では組立作業用のビスを使用しましたが、今回は熱処理によって青く染まったビスを使用します。

最後に、角穴車を取り付けます。これでムーブメントは完成です。後はケースに収めるばかりになりました。できあがった時計の機能と精度を、厳密な基準に基づいて試験します。この試験は何週間にもおよびます。

リヒャルト・ランゲ・トゥールビヨン “プール・

厳格な最終検査を経てようやく、リヒャルト・ランゲ・トゥールビヨン“プール・ル・メリット”が納品できる状態になりました。きっと、すでに地球上のどこかで、時計を愛する人がこの時計が届くのを待ち焦がれていることでしょう。

もっと見る

ランゲ自社製ヒゲゼンマイ
ランゲ自社製ヒゲゼンマイ
ヒゲゼンマイの製造は高級腕時計の製作において最も難しい作業の一つであり、この技術力を有するマニュファクチュールは数えるほどしかありません。
円熟の技に個性
円熟の技に個性
A.ランゲ&ゾーネの時計が一目でそれと分かるのは、デザインと伝統要素で独特のスタイルを作り上げているからです。
表面仕上げとエングレービング
表面仕上げとエングレービング
どれほど小さな部品でも、丹念な仕上げ装飾を施しています。

最新情報をお届けします。新作やイベントに関する最新情報だけでなく、腕時計という小さな空間に凝集された職人技の魅力をお伝えします。